結婚したい理由って何?男女で違う?人はなぜ結婚したいと思うのか

結婚願望がない人や、まだ結婚について具体的に考えられないという人の中には、結婚したい理由がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。「結婚は人生の墓場」という言葉があるように、結婚に対してあまりいいイメージがないという人もいるかもしれません。そこで今回は、人はなぜ結婚したいと思うのか、結婚したい理由と結婚に対するさまざまな本音についてご紹介します。

結婚したい男女の本音!男性が結婚したい理由って何?

女性の場合、「素敵な結婚式場で結婚式を挙げたい」「ウエディングドレスが着たい」といった結婚式への憧れから、「結婚したい」と考える人も少なくないですよね。男性の場合は、なぜ結婚したいと思うのでしょうか?男性の結婚したい理由、男の本音を知れば、なかなか結婚に踏み切ってくれない彼の気持ちを動かすことができるかもしれません。

男性が結婚したい理由①社会的な信用が得られるから

欧米ではパーティーなどの集まりの席において、配偶者またはパートナーの同伴が一般的になっています。日本ではこのような文化はありませんが、結婚をしてはじめて一人前になるという考えを持っている人は少なくありません。独身でいるよりも結婚して家庭を持っている人の方が社会的信用を得やすい…といったようなことが、男性の結婚したい理由になることがあります。

男性が結婚したい理由②両親のことや自分の将来に不安を感じたから

長男や一人っ子など自分が親の面倒を見なくてはいけないと思っている人は、将来一緒に親の面倒を見てもらえる奥さんがいたら心強いと考え、それが結婚したい理由になることがあります。男性では家庭のことはわからないことも多いので、妻という存在が大きいということなのかもしれません。
また、一人暮らしの男性が病気になって寝込んだりすると、このまま死んでしまったら誰にも見つけてもらえないかもしれないと急に不安になってしまうことがあります。結婚をして奥さんがいればこのような心配から解放されるため、結婚して家族を作りたいと考えるようになることもあります。

男性が結婚したい理由③これ以上の人には出会えないと感じたとき

何人かの女性とお付き合いをする中で、これ以上の女性にもう出会うことはないと感じたとき、それが男性の結婚したい理由になることがあります。理想の彼女を早く自分のものにしたい、誰にも取られたくないという気持ちから、男性は突然、結婚したいという気持ちになることがあります。

結婚願望がない男性に結婚したいと思わせる方法

男性の場合、結婚式や結婚生活に憧れるというよりも、将来の生活に不安を感じたり、結婚によるメリットを感じたときに結婚したいと考える人も多いです。付き合っている彼に結婚願望がなさそう…という人は、何気なくご両親の話を聞いてみたり、病気になったときに食欲がなくても食べやすい料理を作ったりしてあげるなど、一緒にいる人がいると安心できるという環境を作ってみましょう。
今の生活に満足していたり、不安がないうちは結婚したいと思わない男性は多いです。ですが、一人でいるよりも誰かと一緒にいるほうが安心できる、この人とずっと一緒にいたいと思うようになると、突然結婚したいと思うようになる可能性があります。

結婚したい理由がない…。結婚する理由がわからない男女の本音

結婚したい理由がないという人や結婚する理由がわからないという人は、性別にかかわらず今の生活に満足していて、自分の人生を楽しんでいる人だといえます。では、実際に結婚したい理由がない人や結婚する理由がわからない人は、結婚に対してどんな本音があるのでしょうか?

結婚したい理由がない・結婚する理由がわからない人の本音①今の生活に満足している・不安がない

付き合っている人がいる人も付き合っている人がいない人も、結婚したいと思わない、結婚する理由がわからないという人は、今の生活に満足していて将来の不安は感じていません。
付き合っている人がいる場合は、結婚という形にとらわれる必要がないと感じているため、結婚はしてもしなくてもいいというスタンスの人もいるでしょう。つまり、今の生活に満足しているので、生活を変える必要はないと感じているのです。

結婚したい理由がない・結婚する理由がわからない人の本音②自由でいたい

結婚をすれば、パートナーと一緒に生活をすることになります。将来子どもができれば、子どもを育てる必要がありますし、家族ができれば家族に合わせた行動も必要になります。また、自分の収入も自分だけで使うこともできなくなります。
時間的にも、経済的にも自由でいたい人は、結婚する理由がわからないという人が多いのではないでしょうか。

結婚したい理由がない・結婚する理由がわからない人の本音③結婚に対してよいイメージがない

結婚する理由がわからないという人の中には、結婚に対してよいイメージが持てないという人もいるでしょう。特に、結婚して苦労をしている人を間近で見ている人は、結婚すると苦労するというイメージが刷り込まれてしまっているため、結婚=大変なことだと思ってしまいます。結婚に対してよいイメージがない人は、結婚して幸せになる姿をイメージすることができず、結婚したいという気持ちになることができないのです。

結婚を反対されたときあなたは結婚したい理由をはっきり言えますか?

「付き合っている恋人の両親に挨拶に行ったら結婚を反対されてしまった」「両親に挨拶をして結婚の話を進めようしていたら、両親から結婚を反対されてしまいどうしたらいいかわからない…」といった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。
結婚を反対されたときに重要になるのは、「絶対にこの人と結婚したい」という気持ちと、なぜ結婚したいのか?明確な結婚したい理由をお互いがはっきりと持っていることです。さらに、お互いが相手の結婚したい理由を知っておくことも必要でしょう。今までずっと付き合ってきたし、そろそろ結婚してもいいか…というようなあやふやな理由では、両親に反対されたときに気持ちがゆらいでしまう可能性もあります。
これから結婚の予定がある人や、これからご両親に挨拶に行く予定のある人は、あらためてなぜ自分は彼(または彼女)と結婚したいのか?その理由をしっかりと考え、お互いの気持ちを伝え合うことから始めてみましょう。相手の気持ちを知っていれば、両親に反対されてしまったとしても相手のことを信じることができますし、2人で力を合わせれば必ずご両親に認めてもらえる日が来るはずです。

結婚は人生の墓場とはどういう意味?

「結婚は人生の墓場だ…」そんな言葉を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「結婚は人生の墓場」とは、いったいどのような意味なのでしょうか?
「結婚は人生の墓場」とは、一般的には、「結婚をすると配偶者以外の異性と深く関わることができなくなる」「お金が自由に使えなくなる」などを「死」に例えて、主に男性が使う言葉だとされています。ですが、結婚=人生の墓場だと思っている人は、実は既婚男性の2割程度に過ぎないということをご存知ですか?「2割」という数字が多いと思うか少ないと思うかは個人差があるかもしれませんが、強調したいのは、残りの8割の人は結婚してよかったと思っているということです。8割の男性は結婚してよかったと感じているというのに、2割しかいない人の「結婚は人生の墓場」という意見が、なぜこれほどまでに広がったのでしょうか。
人の不幸は蜜の味という言葉がありますが、人は自分と同じような不幸な体験をしたり、自分よりもつらい思いしている人のことを知ると、安心に似た感情をもつことがあります。なぜなら、自分よりも不幸な人を知ることで、大変な思いをしているのは自分だけではないと励まされたり、自分の幸せを認識することができたりするからです。
「結婚は人生の墓場」とは、会社でも大変な思いをして家に帰っても肩身が狭い…、そんなお父さんの心の奥の本音の言葉ということなのかもしれませんね。

結婚したい理由をはっきりさせれば結婚の破談は回避できる

結婚を決めて婚約に至り、その後破談になってしまうカップルはそう多くはありません。ですが、残念ながら何らかの理由により、破談になってしまうカップルも中にはいます。
破談になってしまう理由は、女性側の問題、男性側の問題、それ以外の問題、そしてこれらが複雑に絡み合い、破談に至ってしまうケースがあります。その多くの本当の原因は、お互いの気持ちを本音で伝えることができなかったことが原因になってしまっていることが多いのです。
結婚を反対されたときと同じく、結婚したい2人が結婚したいと思う理由をはっきりと意識し、お互いの本音を伝え合うことで破談を回避できることもあります。関係が壊れることが怖くて自分の本音を言えないまま、結婚の話を進めてしまうと、マリッジブルーになってしまったり、お互いの親も含めて意思の疎通ができなくなってしまったりすることがあります。そのまま話がこじれてしまうと、破談に至ってしまうこともあるのです。
結婚したいと思える人とは、自分の人生の中でそう多く出会えるわけではありません。せっかくのご縁を壊してしまうことがないように、話がこじれてしまう前になぜ結婚したいと思ったのか初心に戻って考えてみませんか。

なぜ結婚しないの?独身者を追い詰めるマリッジハラスメントとは

独身の人に対して、あいさつ代わりのように「結婚しないの?」という言葉をかけたり、「だから結婚できないんだよ」と相手を傷つけるような言葉をいう人がいます。このように独身の人に対して結婚にまつわる嫌がらせの言葉をいうことをマリッジハラスメントといいます。
同じようなものに、結婚をした女性に対して「お子さんはまだ?」と聞く人がいますが、この言葉をかけられる度に苦しい思いをしている女性もたくさんいます。結婚をして家庭を持ち子どもを育てて一人前という古くからの考えが浸透しているため、既婚者の人は特に悪気はなく、独身の人に対して「結婚しないの?」「結婚っていいものだよ」と自分の考えを相手に押し付けてしまうことがあるのです。
たとえ悪意はなかったとしても、言われた相手が不快な思いをしているのであれば、それは立派なマリッジハラスメントになります。結婚するという選択をすることもできますが、自らの意思で結婚しないという選択をする自由もあります。
結婚したい理由がある人もいれば、結婚したくない理由がある人もいます。それをわざわざ人に伝える必要はないということを認識して、気軽な気持ちで「結婚しないの?」という言葉を口にしないように注意しましょう。

結婚報告のハガキをもらう人の本音とは

結婚後に、結婚報告のハガキを出した方がいいのか、また誰に出すのか悩む人は多いものです。では、結婚報告のハガキをもらう人の本音にはどのようなものがあるのでしょうか。
会社の上司や親戚への結婚報告の場合は別ですが、学生時代は仲が良くても最近はほとんど交流がない人からの結婚報告のハガキは別にいらないという人が多いです。本当に仲が良い友達であれば結婚式に招待している人と思いますし、住所が変わったのであれば年賀状で連絡してくれればいいというのがもらう側の本音のようです。
結婚報告のハガキは人によって受け止め方が変わりますが、ほとんど交流のなくなってしまった友達には結婚報告としてハガキを出すのではなくて、年賀状で新年のあいさつを兼ねて結婚の報告をするくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

結婚について話し合いたいけど怖い!そんなときはどうする?

お付き合いをしている彼となかなか結婚の話にならない。結婚について話し合いたいけど、怖いという女性は多いですね。ですが、結婚の話をするのをいつまでも怖がっていると、結婚をしないままズルズルとお付き合いが続いてしまう可能性があります。
大好きな彼と結婚したいという気持ちがあるなら、ちょっとだけ勇気を出してあなたの気持ちを伝えてみませんか。

結婚の話し合い①彼に結婚の意思があるか知りたいという気持ちを伝えましょう

まずは、彼にあなたと結婚したい意思があるかどうかを素直に聞いてみましょう。女性の場合、子どもを望むのであれば、子どもを授かりやすい年齢というものがあります。その年齢を過ぎてしまうと、自然に妊娠をすることが難しくなってしまうため、将来子どもをあきらめなくてはいけなくなってしまう可能性があります。
結婚の話をしたら彼が離れてしまうのであれば、彼とは結婚のご縁がなかったということです。仮に結婚できたとしても、うまくいかない可能性が高いといえます。あなたのことを大切に想っているなら、あなたの素直な気持ちをしっかりと受け止めてくれるはずです。このままお付き合いを続けていくのは不安なので、結婚の意思があるか教えてほしいと素直に聞いてみましょう。

結婚の話し合い②結婚したい意思がある場合

具体的な日程まで決める必要はありませんが、いつ頃結婚するかを決めて、必要に応じてお互いの両親に合うスケジュールを考えましょう。結婚する意思はあっても、具体的に何も決めなければいつの間にか元通りの生活に戻ってしまいます。おおまかな日程でいいので、今年中に結婚する、来年の春までに結婚するなど、結婚したい時期を話し合いましょう。

結婚の話し合い③結婚のタイミングを確認したら将来の生活についても話し合いましょう

結婚のタイミングを確認したら、将来の生活についても話し合いましょう。
たとえば、仕事はどうするのか、子どもはいつ頃ほしいのか、将来、親との同居を考えているのかなどです。仕事や親との同居については、きちんと二人の意思を確認しておかなければ結婚したあとにもめてしまうことがあります。お互いの意思を確認したら、結婚の日程や将来のことも少しずつ話をするようにしましょう。

結婚して半年でうまくいかなくなってしまう人がいるのはなぜ?

結婚をして1年未満で離婚してしまう夫婦がいます。結婚したいという気持ちがあって結婚したはずなのに、なぜ半年足らずで気持ちが揺らいでしまうことがあるのでしょうか。恋人同士で付き合っているときは気が付かなかったことが、結婚をして一緒に生活するうちに相手の習慣が気になってしまったり、知らなかった秘密が結婚したあとで発覚したという話は意外に多いのです。では、結婚をして半年なのに、離婚したほうがいいのか悩んでしまったときはどのようにすればいいのでしょうか。

気になっていることが許せる範囲なのか、許せないことかを考えてみる

別々の家で育った二人が同じ屋根の下で暮らし始めるわけですから、相手の習慣が気になる、自分にとって嫌なことをされてしまうというのはよくある話です。嫌なことを我慢しながら生活している半年は長く感じるものですが、長い人生の中で考えると半年はわずかな期間です。
結婚したいと思える人と出会い、結婚のご縁をいただいたわけですから、感情的に離婚を決めるのは避けましょう。まずは、自分が気になっていることや我慢していることは、許せる範囲のことなのか、許せない範囲なのかを考えてみましょう。
許せないことなのであれば、相手に素直に伝えてみましょう。やっている本人は今まで当たり前にやっていたことなので、悪意がない場合がありますし、あなたの気持ちを伝えることで改善してもらえる可能性もあります。

二人だけで結論が出せない場合は、第三者に間に入ってもらう

夫婦の揉めごとは、たとえ親でもわからないこともたくさんあります。まずは、当事者で話し合いをすることが大切なのです。ですが、感情的になってしまい、まともに話ができないときは、第三者に間に入ってもらい、お互いの気持ちを伝えてみましょう。売り言葉に買い言葉になって話がこじれているだけで、素直な気持ちを伝え合えば修復できる可能性があります。

なぜ結婚したいのか?あなたが結婚したい本当の理由は?

異性と知り合い、恋をして、自分の子孫を残したいと思うのは人間の本能です。ですが、結婚するのか、結婚しないのかは誰もが選択をできる自由を持っています。
結婚する理由がわからないという人は、なぜ周りの人は結婚したいと思ったのが、既婚者の人に聞いてみるのもいいかもしれません。結婚したい理由がないという人は、自分の人生を思いきり楽しんでみましょう。
結婚したいのになかなか結婚に進めない人は、自分がなぜ結婚したいと思うのか、自分の気持ちと向き合ってみましょう。自分の気持ちを再認識することで、これからどんな行動が必要なのかが見えてきます。また、仮に周りの人から反対されたとしても気持ちが揺らぐことなく、パートナーの気持ちを信じて乗り越えることができるでしょう。

結婚したいと思っているのに、結婚したいと思える異性と出会えない、相手が見つからないというお悩みをお持ちの方は、ぜひ結婚相談所「スマリッジ」にご登録ください。「スマリッジ」は婚活業界では珍しいWeb完結型の結婚相談所です。完全Web型なので店舗への来店は不要、登録時に「独身証明書」の提出を義務付けているため、身元が確かな異性と安心して出会うことができます。さらに、オンライン婚活アドバイザーがあなたの婚活をしっかりとサポートさせていただきますよ。結婚したいと思える異性との出会いはWeb結婚相談所「スマリッジ」にお任せください。


SCROLL