それ、高望みかも?婚活女性の実は高すぎる基準と背景とは

婚活女性の高望みな条件とは?普通じゃない基準とやめられない理由

年収、容姿、学歴などなど、30代~40代の婚活女性が結婚相手に求める高望みな条件はしばしば話題に上がります。

どこから高望みなのか、なぜ高望みしてしまうのか。詳しく調べてみました。

もくじ

どこからが高望み?年収・身長・学歴を例に解説

結婚相手に求める条件は、どこから高望みと言われるのでしょうか。

人気の「年収500万円以上」「身長170cm以上」「大卒以上」を例に見ていきましょう。

年収500万以上の男性はどれくらいいる?

国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査」によると、男性の平均年収は545 万円でした。

また、男性のなかで年収500万円以上の人の割合は、45%です(500万円~600万円は13.8%)。

ただし、この調査は全年齢が対象で、役員や年収の高い業界の男性も含まれています。

ちなみに、年収400万円~500万円の男性の割合は17.5%で、最も多いようです。

年齢や住んでいる地域でも異なる

平均年収は全国的にみると500万円以上を超えていますが、年齢や地域で分けると、違った結果が見えてきます。

年齢別の平均年収は、下の表のとおり。

平均年収が500万円を超えるのは、35歳~39歳より上の年代です。

年齢平均年収
20~24歳287万円
25~29歳404万円
30~34歳472万円
35~39歳533万円
40~44歳584万円
45~49歳630万円
50~54歳664万円
55~59歳687万円
参考:令和3年分 民間給与実態統計調査(国税庁)の「年齢階層別の平均給与」

また、国税局別に分けると、男性の平均年収が500万円を超えるのは、東京、大阪、名古屋国税局の管轄のみのようです。

国税局平均年収
(千円以下切り捨て)
札幌472万円
仙台453万円
関東信越487万円
東京626万円
金沢482万円
名古屋550万円
大阪539万円
広島484万円
高松479万円
福岡466万円
熊本447万円
沖縄419万円
参考:令和3年分 民間給与実態統計調査(国税庁)の「第6表 国税局別の給与所得者数・給与額」

年収500万円で未婚の男性の割合は?

総務省統計局の「平成29年 就業構造基本調査結果」 をもとに計算すると、年収500万円以上で未婚の男性の割合は約19%でした。

なお、この調査は対象区域が限られています。

全国的な割合はこの結果よりも変動しそうですが、参考にしてよさそうです。

そして、ここまでお伝えした内容を振り返ってみます。

年収500万円以上の男性に関する情報まとめ
  • 年収500万円以上の男性の割合は45%
  • 35歳~64歳の男性は、平均年収500万を超えている
  • 男性の平均年収が500万円を超えているのは、東京、大阪、名古屋国税局の管轄だけ
  • 年収500万円以上で未婚の男性の割合は19%

こう見ると、年収500万円以上で未婚の男性は、かなり限られるように思えませんか?

身長170cm以上は高望み?男性の平均身長は?

厚生労働省の「令和元年 国民健康・栄養調査報告」によると、男性の平均身長は20代・30代・40代ともに171.5cm、50代は169.9cmでした。

ただし、平均身長も地域差がありそうです

文部科学省の「令和3年度 学校保健統計調査」 によると、高知県、広島県、沖縄県の平均身長は、170cmを下まわっています(17歳男性のデータ)。

大卒以上の男性は2人に1人以下?

内閣府男女共同参画局の「男女共同参画白書 令和3年版」で、大学進学率の推移をグラフで確認できます。

グラフを見てみると、男性の大学進学率は平成10年でおよそ40%、平成20年で50%

平成10年に現役合格した人は、令和4年時点で42歳、平成20年に現役合格した人は32歳です。

条件を兼ねそろえる男性は少ない

婚活女性に人気の条件である「年収500万円以上」「身長170cm以上」「大卒以上」。

これらを兼ねそろえる男性が非常に限られていることは、ここまでご紹介した内容をご覧いただければおわかりいただけるのでは。

年齢や容姿など細かい条件にもこだわると、さらに限られます

理想の男性と出会うのは、現実的ではないのかもしれません。

他の婚活女性に勝る条件が自分にはある?

人気の条件を兼ねそろえた男性は当然、多くの婚活女性に人気で、お見合いの申し込みも集中しています。

ここで目を向けないといけないのが、自身の婚活市場価値です。

そもそも、「高望み」はどういう意味の言葉なのでしょうか。

goo国語辞書には、次のように書かれていました。

たか‐のぞみ【高望み】 の解説

[名](スル)身分や能力以上の高い望みをもつこと。分不相応な望み。「―しないで分相応な生活を送る」

引用元:高望み(たかのぞみ)の意味 – goo国語辞書

高望みとは、分不相応な望みのこと。

婚活に置き換えると、「自分の婚活市場価値と釣り合っていない条件」と言えます。

希望の条件を満たす男性が、たくさんのライバルのなかから自分を選んでくれるか。選ばれるだけの価値が自分にはあるのか。

それを知ることが、高望みをやめて幸せな結婚へと進める第一歩です。

婚活女性はなぜ高望みしてしまうのか

婚活女性が苦戦する理由の多くは、結婚相手に求める高望みな条件です。

その背景はさまざまですが、根本的な原因は共通しています。

婚活女性は”普通の人”を求めている

高望みをしている婚活女性の多くは、高望みをしているという自覚がありません。

自分が思う”普通”や、メディアなど世間でうたわれる”普通”を信じているようです。

「夫の収入は妻より高くあるのが普通」のような、夫優位の考え方が根強いケースもあります。

くり返すようですが、人気の「年収500万円以上、身長170cm以上、大卒以上」という条件は、普通ではありません。年収だけでも厳しいでしょう。

でも、婚活で苦戦する女性にとっては、これが”普通”。

「別に厳しい条件じゃないと思う」「これでも妥協したほう」「高望みなんかしていない」という声は、めずらしくありません。

自分の収入面が不安

自分の収入だけでは将来が不安で、経済的に支えてくれる男性を探そうと高望みする婚活女性もいるようです。

たとえば、両親のサポートでお金が必要、でも自分の収入じゃ余裕がないというケース。

老後資金2,000万円と言われている昨今、高収入の男性を求めるのは仕方のないことなのかもしれません。

また、ほとんどの女性は、出産や育児のことも考えるでしょう。自由に働けず収入が減るのは確実です。

そんなとき、夫に経済力があれば安心ですよね。

自分より条件の劣る男性を受け入れられない

若いころからキャリアを積んで収入も高い女性が、自分より条件の劣る男性を受け入れられず、自分と同等以上の男性を希望するケースがあります。

しかし、高学歴かつ高収入の大人の男性は、若い女性を求めます。子どもが欲しいからです。同等の大人の女性は相手にされません。

さらに、年齢を重ねた婚活女性には、条件の悪い男性の申し込みが増えます。

たとえば、年齢が上に離れている、自分より年収が低い、容姿が悪い男性です。

今まで努力を重ねて結果を出してきた女性にとって、この現実はとても厳しいようです。耐えかねて婚活を辞めてしまう人もいます。

高望みする女性は「選ばれる」より「選ぶ」に意識が向いている

ここまでさまざまなケースをご紹介してきましたが、高望みをしてしまう原因のほとんどは、「選ぶ」ことばかりを考えているからだと言えそうです。

明確な希望条件は、婚活を進めるために大切です。しかし、男性にも希望条件があり、女性を選んでいます。

選ぶことに意識が向きすぎると、男性にも希望条件があることや、自分自身の婚活市場価値に気づけません。もしくは、目を背けてしまいます

結婚するためには、まずは出会わなければいけません。

そのためには、男性を選ぶことはもちろん、男性からも選ばれる必要があります

婚活に苦戦している女性は、そのことを理解しておくことが大切です。

婚活で高望みしないためにできることは?

高望みしていると、条件にあう男性が限られるため出会いにくくなります。

婚活を成功させるためには、希望条件を緩めて出会いの機会を増やすことが大切です。

理想の結婚生活を具体的にイメージする

高望みしないために大切なことのひとつは、理想の結婚生活をイメージすることです。

たとえば年収と働き方です。

共働きなら、ふたり分の収入があります。男性が高収入でなくとも、理想の結婚生活を送れるかもしれません。

ほかにも、家は戸建てかマンションか、子どもは何人ほしいか、たばこやギャンブルはNG……などなど、具体的に考えると、必要最低限の条件が見えてきます

自分自身の婚活市場価値を知る

自分の婚活市場価値を知ることも、高望みしないためには大切です。

年齢、年収、容姿など、自分の現状を客観的に見つめれば、希望条件の厳しさと、現状の自分を求める男性の条件にも気づけるはずです。

プロを頼るのもひとつの手

結婚相談所なら、あなたの現状を踏まえつつ、希望条件になるべく沿った男性を、プロが一緒に探してくれます。

婚活に苦戦している方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

当メディアを運営するスマリッジは、30,000人(2022年2月時点)のなかからお相手を探せるオンライン結婚相談所です。

活動中は、資格を持ったプロの婚活アドバイザーが、お悩みやご相談に対応いたします。

料金も、登録料6,600円、月会費9,900円とリーズナブル。

まずは無料でできる婚活診断から、ぜひお試しください。


春の出会いに!登録料無料キャンペーン

スマリッジのキャンペーン情報

3月1日(金)14:00 から 3月14日(木)13:59までのご登録で登録料6,600円が「0円」になるキャンペーンを実施中!

migaki編集部

スマリッジでは「登録料無料キャンペーン」を実施中!期間内のご登録で登録料6,600円が「0円」となります。

※U28割などお得な割引と併用してご利用できます。

期間:3月1日(金)14:00 から 3月14日(木)13:59まで


まとめ

高望みは、理想と現実のギャップが原因です。

高望みする背景や理由はさまざまです。しかし、希望条件が理想のままだと、結婚は遠ざかってしまいます。

婚活を成功させるには、理想と現実を見直し、希望条件を緩めることが大切。

理想よりグレードの下がる男性のなかにも、幸せな結婚生活をかなえてくれる人はきっといるはずです。

もくじ