婚活に疲れたアラサーが陥りやすい婚活地獄!婚活うつにならないためにはどうすればいい?

婚活は自分との闘いです。どんなに前向きに頑張っていても、避けて通れないのが婚活疲れです。男女問わず、婚活がうまくいかないと「疲れた」「やめたい」と考えてしまう人は少なくないようです。婚活疲れや婚活うつという言葉をご存知でしょうか?婚活うつは、特に働き盛りの生真面目なアラサーに多く、婚活が地獄のように思えるという人まで…。幸せな結婚がしたいだけなのに、婚活うつになってしまうのは一体なぜなのでしょうか?ここでは、婚活疲れや婚活うつの原因、婚活うつにならないための心構えなどについて詳しくお話します。

婚活疲れ・婚活うつって何?婚活に疲れたアラサーが陥りやすい婚活地獄

婚活疲れや婚活うつという言葉を耳にしたことがあるという方も少なくないでしょう。婚活中の方の多くが直面すると言われている婚活うつは、男女問わず、婚活に疲れた誰もが陥る危険性があります。婚活には、日常にないストレスがつきもの。交際を断られたり断ったり、理想のお相手に出会えなかったり、理想のお相手と出会っても交際が続かなかったり…。そんな婚活に疲れたという方、特に生真面目で働き盛りのアラサーの男女が陥りやすいのが婚活うつなのです。婚活うつは地獄だという声を耳にすることも多いですが、婚活疲れ・婚活うつとはいったいどんなものなのでしょうか。

婚活うつってうつ病? 婚活うつの症状や原因とは

生涯未婚率が年々上昇している現代の日本。運命の相手との出会いをただ待っているだけで結婚できるという時代ではありません。理想の結婚相手と出会うための近道は婚活することですが、その婚活がなかなかうまくいかないとき、婚活疲れは「婚活地獄」と呼ばれることもあるほどです。
婚活うつは、婚活による疲れやストレスが原因となったうつ状態のこと。婚活うつは別名「婚活疲労症候群」とも呼ばれ、婚活疲れが重症化した状態です。婚活うつの症状には、婚活へのやる気が出ない、気分が落ち込むなどといった心身の不調があります。昨今の婚活ブームと共に婚活疲れや婚活うつに悩む人も増えています。最近では専門の「結婚疲労外来」を設置している病院もあるほどです。婚活うつは婚活を行っている方なら、男女関係なく、誰でも陥る可能性がある症状です。婚活という特殊な状況下でのみ起こり得る特有のうつ状態なので、原因を知ることで予防していくことができると考えられています。まず、婚活うつの原因について知っていきましょう。

婚活疲れ・婚活うつの原因①頑張りすぎてしまう

婚活うつになってしまう原因の一つに、婚活を頑張りすぎてしまうということがあげられます。婚活ではたくさんの異性と対面し、短期間で自分に合うかどうかを判断しなければいけません。出会った相手と相性がイマイチ合わなければ最初からやり直しになります。もちろん、相手から断られることも度々です。
誰もが早く結果を出したいですから、月に何度も婚活の場に参加します。婚活で出会った人と何回もデートを重ねながら、同時に別の婚活相手とメールのやりとりをしたり、自分磨きをする努力も欠かせませんよね。結果的に、スケジュールは婚活の予定でびっしり埋まってしまい、必然的に婚活中心の生活になります。リフレッシュする余裕もなく、断ったり断られたり、ストレスフルな状態のまま婚活を続けることによって、婚活による疲れやストレスがどんどん蓄積してしまうのです。それにより、心身共に疲れてしまい、婚活うつの原因になってしまうのです。

婚活疲れ・婚活うつの原因②なかなか結果が出ない

婚活うつの原因には、いくら頑張ってもうまくいかない、なかなか結果が出ないということもあげられます。勉強やスポーツと違って婚活は、頑張ったら頑張った分だけ必ず結果が出るというものではありません。自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちが重要になってくるのが婚活なので、一生懸命婚活を頑張ったとしてもうまくいかないということがあるのです。
そんなことは頭ではわかっていても、やっぱり努力しても報われない状態が続くと、気持ちは落ち込み、焦り、不安になっていってしまいますよね。「結婚したい」という気持ちが強ければ強いほど、結果が出ないことによって焦りや苛立ちが大きくなり、婚活疲れや婚活うつにつながりやすくなってしまうのです。

婚活疲れ・婚活うつの原因③何が原因で婚活がうまくいかないのか理由がわからない

婚活うつになってしまう原因の中には、何が原因で婚活がうまくいかないのか理由がわからないということもあげられます。婚活ではいいなと思うお相手に対して結婚を前提とした交際を申し込むことになりますが、当然、相手から断られてしまうことも少なくありません。初対面で断られるだけではなく、デートを数回してから断られる場合もあります。交際に至ってから断られることもあるので、「本気じゃなかったの!?」と思ってしまうこともありますよね。婚活で断られてしまった場合、相手から断った本当の理由を聞き出すのは難しいものです。いくら今後の参考にしたいと思っても、相手が正直に断った理由を教えてくれる機会はそうそうないですよね。
お相手との結婚を本気で考えていた人ほど、断られた理由を一人でもんもんと考えてしまうという方は少なくないはず。悩んでいるうちに自分のすべてがダメな気がして、人格まで否定されているような気分になって、婚活うつに陥ってしまうこともあります。もともと謙虚で容姿や学歴などにコンプレックスがある人の場合、余計に気にして悩んでしまい、うつ病の原因になることも多くあるのです。

婚活疲れ・婚活うつの原因④異性が怖くなってしまった

婚活をしていて、申し込んだ相手から断られてしまうケースがあまりにも続くと、異性が怖くなってしまって、婚活うつに陥ることもあります。婚活で相手から断られることが度々続いてしまうと、自分自身の人格を否定された気持ちになってしまいます。プライドも傷つきますし、自信もどんどんなくなってしまうので、そのせいで異性に対して恐怖を抱くようになり、そのうち異性と会うこと自体が怖くなってしまうのです。異性が怖い人にとって、婚活は当然辛いですよね。それでも「婚活しなきゃ」という思いのせいで無理やり婚活を続けてしまうと精神的なストレスによって負担が大きくなり、婚活うつになってしまうのです。

婚活うつになりやすい人!婚活が地獄になる人の特徴とは?

婚活うつになる人には、ある傾向が見られます。婚活に疲れたアラサーの男女に多いようですが、他にも原因が見られるのです。婚活に疲れてしまいやすい人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?

婚活うつになりやすい人の特徴①完璧主義の人

目標を決めたら完璧に達成するまでがんばり続けてしまう完璧主義タイプの人は、婚活うつになりやすいです。婚活の中でうまくいかないことがあると、自分に原因があると考えて自分自身を追いつめてしまうのです。また、自尊心やプライドが高い人も要注意。婚活を頑張っている結婚できない自分が恥ずかしく思ってしまい、まわりに相談できずにすべて一人で抱え込んでしまうのです。

婚活うつになりやすい人の特徴②ストレスに弱い人

ストレスに弱く、繊細な人も婚活うつになりやすいです。親や親族からの「まだ結婚しないの?」というプレッシャーをストレートに受け止めてしまい、悩みやすくなります。さらに「この歳まで独身だったのだから、どうせなら自慢できるような相手と結婚したい」とむやみにハードルを上げてしまい、間違った方向にがんばってしまいやすいのです。

婚活をやめたい…。婚活に疲れたアラサー男女に贈る婚活うつ予防法

婚活を頑張る人にとって、他人ごとではない婚活疲れや婚活うつ。婚活をやめたいと思う前に、婚活うつを予防して幸せな結婚がしたいですよね。ここからは、婚活に疲れたアラサー男女に知っておいて頂きたい婚活疲れ・婚活うつを予防するための心構えについてお話します。

婚活疲れ・婚活うつを予防する心構え①肩の力を抜いて婚活する

婚活うつにならないためには、婚活において肩に力を入れすぎないという対策があります。必死に婚活を頑張ってしまうと、疲労やストレスも蓄積されやすくなるもの。「絶対に結婚しなきゃ!」「いい人を見つけなきゃ!」と気合を入れすぎてしまうと、うまくいかなかったときに落胆が大きくなってしまいます。婚活うつにならないための予防法としては「いい人がいたらいいな」「素敵な人がいたらいいな」くらいの気持ちで、気楽に婚活することが重要になります。うまくいかなくても「まあ、こんなもんか」と、すぐに気持ちを切り替えるようにしましょう。真面目な人ほど婚活に全力で臨みがちですが、ストレスを溜めないためには出会いの機会を楽しむぐらいの方が良いのです。

婚活疲れ・婚活うつを予防する心構え②断られてもめげない

婚活うつにならないためには、断られることに落ち込み過ぎないことが重要です。お相手に断られるのは当たり前だと思うぐらいの気持ちでいるようにしましょう。
交際を申し込んだお相手から断られることが続いてしまうと、自分自身の人格を否定されているような気持ちになりますよね。「自分の何がいけないんだろう…」と落ち込んだり悩んだりしすぎてしまうと、どんどんストレスが溜まっていきます。
婚活で断られる理由としては、他の人とすでに交際中である、本命だった相手とうまくいったなど、単純に縁がなかったというだけで、あなたにはどうすることもできない理由であることが多く、努力して改善できるようなこともないのです。婚活においては、どんな美人やイケメンでも一度は断られているはず。ですので、断られるたびにいちいちへこんでいては傷つき損なのです。「婚活では断られて当たり前」と思って、めげない心を育てましょう。

婚活疲れ・婚活うつを予防する心構え③相談できる相手を作る

婚活うつにならないためには、婚活について相談できる相手を作ることも大事。婚活で悩んだときや迷ったとき、不安がある時など、相談できる相手がいないと1人で抱え込んでしまいます。婚活仲間を作ってみたり、職場で頼りになる先輩などと仲良くなったり、家族や友人に相談したりと、一人で悩みを抱え込まない環境作りが重要になるのです。
話を聞いてくれる相手がいるというだけでストレスは軽減され、婚活がうまくいかないときも第三者の視点でのアドバイスがもらえます。周りに相談できる相手がいない、婚活していることを秘密にしているという方は、ネットなどを使って婚活仲間を探してみるのもおすすめです。

婚活疲れ・婚活うつを予防する心構え④リフレッシュタイムは欠かさない

婚活うつにならないためには、リフレッシュタイムも大切。1週間のスケジュールをすべて婚活の予定で埋めるようなことはせず、敢えて婚活をせず、息抜きする時間を自分で作りましょう。婚活と息抜きを交互にしたほうが、メリハリもつくので前向きに婚活に取り組むことができます。また、リフレッシュがてら、婚活とは違う出会いの場へ出かけてみるのもおすすめ。友達がセッティングしてくれた飲み会や相席居酒屋、バー、音楽イベントや社会人サークルなど、出会いのありそうな場へ気軽に出かけてみましょう。「婚活をしている」という意識を持たずにイベントに参加すると、思いがけない良い出会いがあるかもしれませんよ。

婚活に疲れた、婚活をやめたいと思ったときはどうすればいい?

婚活を頑張っている人ほど、婚活疲れは避けて通れない問題です。婚活疲れをそのままにしてしまうと、婚活うつ病にまで悪化してしまうかもしれません。もしも婚活疲れになって婚活をやめたいと思ったとき、どうするのが良いのでしょうか?

婚活に疲れた、やめたいと思ったら①婚活を少しの間お休みする

婚活に疲れてしまい、もう婚活をやめたいとまで思うようになったなら、少しの間婚活を休むようにしましょう。無理をせず婚活を一時中断するのが効果的です。
具体的には、婚活のイベントやお相手と会う予定を一旦すべてキャンセルして、婚活から離れます。「婚活をやめてしまったら一生結婚できないかもしれない」と焦りや不安を感じるかもしれませんが、辛い気持ちのまま婚活を続けるよりも、一旦気持ちをリセットして婚活を再始動した方がうまくいく場合が多いのです。婚活をお休みする期間をいつまでにするかは決めずに、まずは婚活疲れを癒し、自分の気持ちが落ち着いてやる気が出たら婚活を再開するのが良いでしょう。

婚活に疲れた、やめたいと思ったら②心療内科や婚活疲労外来を受診

婚活うつが酷くなってしまったとき、婚活をお休みしたけれどもいつまでたってもやる気が戻らないというときなどは、本格的な婚活うつ病になってしまう前に、早めに心療内科や婚活疲労外来を受診してみるのもおすすめです。「気のせいかも…」と思って我慢していると、気付かないうちに悪化して心の病気につながってしまうことも。「異常につらい、疲れた」と思ったら、早めに病院での診察を受けましょう。

婚活に疲れた、やめたいと思ったら③婚活に対する姿勢・考え方を少し変えてみる

病院に行くほどではないけれど婚活に疲れた、このままだと婚活うつになってしまいそう…というときは、婚活に対する姿勢を変えてみましょう。婚活がうまくいかないという場合、婚活に対する姿勢をこれまでと180度変えてしまうのが効果的です。例えば今まで攻めの姿勢で積極的にアプローチしていた方であれば、攻めるのをやめて、相手からのアプローチを待つ姿勢に変えてみたり、反対に受け身ばかりで自分から動くことがなかったとうい方の場合は積極的にお相手に話しかけてみたり。
また、メイクやファッション、髪型などの見た目を変えてみるのもおすすめです。普段Tシャツにジーンズのようなフランクなファッションの男性は少しきちんとした格好をしてみるとか、「婚活向き」と言われるような清楚なファッションをしていた女性ならいっそ自分の個性を主張するメイク・ファッションをしてみるなど。見た目の雰囲気が変わると自分自身も新鮮な気持ちになって、自分でも気づかなかった新しい魅力が開花するかもしれませんよ。

婚活は地獄じゃない!婚活疲れ・婚活うつ病を予防して理想の結婚相手に出会おう

婚活しているほとんどの男女が直面すると言われる婚活疲れや婚活うつ。婚活に初めて挑戦するという方は特に、断ったり断られたりすることに対して心の整理ができず、つい悩み過ぎて婚活疲れになってしまうこともあるでしょう。ですが、婚活で出会う全ての人から好かれる必要はないのです。お相手に断られたとしても、それは単にご縁が無かっただけで、あなた自身に問題がない場合も実際少なくありません。まずは婚活と真剣に向き合い、自分自身を認めて、時には真剣になりすぎず適度に息抜きをしながら、上手に活動することが婚活を成功させるうえでの1つのポイントになります。
婚活で大事なのは自分自身のメンタルコントロールや忍耐。お相手のことを考えるのも大事ですが、まずは、自分自身と向き合うことが大事なのです。

婚活うつにならないためには、ストレスと上手に付き合うことが大切。婚活にまつわる疲れやストレスを賢く回避するなら、婚活業界の新風となる新たなサービスWeb結婚相談所「スマリッジ」がおすすめです。新たな婚活の選択肢のひとつとして、ぜひお選びくださいね。


SCROLL