結婚相談所で結婚した人の離婚率は低い?高い?離婚する原因もご紹介

結婚相談所で結婚した人の離婚率は低い?高い?離婚する原因もご紹介

結婚相談所で出会って結婚するカップルは近年急増しています。

しかし結婚相談所を利用した場合、短い期間で結婚することができるため、すぐに別れる可能性があるのではないかと心配する人もいます。

また、結婚相談所で結婚したカップルの離婚率が気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、結婚相談所で成婚したカップルの

  • 離婚率
  • 離婚する原因

についてもご紹介します。

もくじ

結婚相談所で結婚した人の離婚率は高い?低い?

スマリッジ_婚活_結婚相談所を利用して成婚したカップルの離婚率を解説

結婚という目的があり利用をする結婚相談所。

離婚の可能性を考えた時、恋愛結婚よりも割合が高いのではと思う方もいるかもしれません。

厚生労働省が発表した「令和3年(2021)人口動態統計」によると、婚姻件数は前年と比較をすると2万組ほど減少した「50万1138組」です。

令和3年(2021)人口動態統計

引用元:厚生労働省「令和3年(2021)人口動態統計」

一方、離婚件数は「18万4884組」。

婚姻件数同様、前年よりも減少しています。

日本全体で見ると、離婚率は緩やかに減少していることが分かりますが、少ないと言える数字ではありません。

離婚件数の中で、恋愛結婚を経たカップルは40%前後、お見合い結婚の離婚率は10%前後といわれています。

migaki編集部

こうして比較をすると、圧倒的に結婚相談所を介したカップルは離婚率が低いことがわかります。

結婚相談所の離婚率が低い理由

お互いの感情のやり取りを経て婚姻関係を結んだ恋愛結婚。

生涯のパートナーとして共に過ごしていける印象がありますが、前述にある通り「令和3年(2021)人口動態統計」からでも、お見合い結婚をしたカップルの方が離婚率が低い傾向です。

この事からでも、結婚相談所でお相手と結ばれたカップルは離婚しにくいと分かります。

中には、なぜ結婚相談所の離婚率が低いのかと疑問に思う方もいるかもしれません。

ここでは、結婚相談所の離婚率が低い理由を3つご紹介します。

結婚に対して真剣だから

1つ目は「結婚に対して真剣だから」という点です。

結婚相談所は。利用をする段階で「結婚」を目的として活動をする場所です。

入会時には、入会金などの支払いが発生するのはもちろん、公的書類を提出して登録を行う必要があるため、本気度の高い方ばかり。

一言で言えば「計画性をもってお相手探しを行っている」のです。

これが離婚率の低い理由。

一方、恋愛結婚では流れや両親の後押しなどさまざまな外的要因から婚姻関係を結ぶ事も少なくありません。

また、妊娠をきっかけに「授かり婚」をするケースもあります。

migaki編集部

結婚を継続する強い気持ちが低いカップルが、結婚相談所を介した婚姻より多いのです。

自分に合う相手を選べるから

2つ目は「自分に合う相手を選べるから」という点です。

結婚相談所では、お相手の写真やプロフィールを確認し「良いな」と双方が感じたらお見合いとなります。

そして、お見合いでの印象が良ければ仮交際がスタート。

仮交際とは、お見合いをしたお相手との相性を見極める結婚相談所だからこそのシステムです。

複数人と同時進行でのやり取りも可能で、その中から自分自身にピッタリの1人を選び、真剣交際へと進みます。

また、結婚相談所の中には、カウンセラーや仲人が第三者目線でアドバイスを行ってくれるところも多いため、より価値観や結婚観などが合ったお相手と出会いやすいのです。

migaki編集部

冷静に見極め、しっかり段取りを踏んで婚姻まで進めるのが離婚率が低い理由の1つとなります。

恋愛からではなく結婚前提だから

3つ目は「恋愛からではなく結婚前提だから」という点です。

結婚相談所での出会いやお見合いは、一般的な恋愛とは異なります。

一目惚れや流れ、運命的な出会いから始まるものではありません。

入会した時点から「成婚をしたい」という目的があるため、一生涯を共に過ごせる人・円滑な生活を営める人を前提として活動を行います。

これが、離婚率が低い理由です。

お相手探しからお見合い・仮交際から真剣交際へと進展する際、段階ごとに結婚後のイメージをしっかりと可視化できる環境が用意されている結婚相談所。

migaki編集部

このため、「結婚をしたものの性格やライフスタイルが合わなかった」「結婚して後悔をしている」など、イメージと大きくかけ離れる事が少ないのです。

夫婦が離婚する主な原因

スマリッジ_婚活_結婚相談所で成婚(結婚)したカップルが離婚する原因を解説

結婚相談所を利用し婚姻関係を結んだカップルは、恋愛経験を経て婚姻をしたカップルよりも離婚率が低い傾向にあります。

しかし、皆無ではありません。

生活を営んでいく中で、様々な原因が生じ、離婚をしてしまうケースもあるものです。

主な原因としては、異性問題・金銭問題・生活的問題・身心的問題の5つ。

ここでは、「第19表 婚姻関係事件数―申立ての動機別」のデータを参考に、夫婦が離婚する主な原因を5つ詳しくご紹介します。

引用元:最高裁判所「第19表 婚姻関係事件数―申立ての動機別」

性格の不一致

1つ目は「性格の不一致」です。

夫婦が離婚をする原因として最も多いのがこの理由。

恋愛結婚・お見合い結婚いずれにおいても、交際期間は性格が合っていると感じるからこそ婚姻関係を結びます。

しかし、生活を共に過ごすからこそ見えてくるパートナーの側面もあるものです。

夫婦の性格が合わない場合、意見や価値観の違いが生じてしまいます。

お互いに理解し合えない状態になってしまうと、意見の衝突が起こり、関係が悪化につながるのです。

その結果、離婚に至ってしまいます。

migaki編集部

この性格の不一致は、根本的な結婚観や人生観ばかりではなく、家事や育児に対する考え方などの食い違いから生じる事もあるのです。

異性関係

2つ目は「異性関係」です。

夫婦の一方もしくは双方が他の異性と不貞行為を行うと、信頼関係が優れてしまいます。

その結果、結婚生活に大きなダメージを与えてしまい、離婚に至ってしまうのです。

パートナー以外の異性との関係が短期間のうちに解消された場合は、夫婦関係が修復される可能性もあります。

しかし、不貞行為が長く続いたり、複数回にわたり繰り返されると、我慢の限界を超えてしまうもの。

migaki編集部

また、1回限りであっても「裏切り行為をしたパートナーとは生活を共にできない」と考える方もいますし、パートナー以外の異性に対して本気になってしまったからというのも原因になります。

浪費する

3つ目は「浪費する」という点です。

結婚生活は、お互いの性格が一致している事は大切。

しかし、それだけでは生活を営めません。

お金の使い方に対する価値観や生活スタイルの違いがある場合、家計や将来像などに大きな影響を及ぼす可能性も少なくありません。

一方が浪費を繰り返すほどに経済的な負担が増えて、パートナーに対する不満が生じます。

その結果、離婚に至ってしまうのです。

migaki編集部

話し合いを行い、浪費をしている側が意識を改める事で解決される事もありますが、「癖」の1つでもあるため、継続をしたものの、やはり上手く行かなかったというケースもあります。

生活費を渡さない【女性】

4つ目は「生活費を渡さない」という点です。

これは、女性に多い原因となります。

夫婦共に正社員として仕事をしながら結婚生活を営む方々もいますが、男性が稼ぎ、女性はパートとして働きながら家事や育児に家庭を守るケースが多いのです。

パートをしているのですが、収入を得ている状態。

しかし、その収入だけでは、生活のすべてをまかなう事は不可能です。

このため、男性が家に生活費を入れない状態ともなれば、経済的に不安定になってしまいます。

最低限の生活さえ難しいというケースもあるのです。

migaki編集部

経済的な不安定さは身心にも大きな影響を及ぼしますので、離婚につながります。

精神的な虐待

5つ目は「精神的な虐待」です。

精神的な虐待とは、言葉の暴力・無視などさまざま。

生活を共に過ごすパートナーが自分自身の心にストレスや恐怖心を与える存在では、婚姻関係が続くはずがありません。

中には、精神的不調を訴え、治療や通院を余儀なくされる方もいるのです。

健全な結婚生活を維持する事が困難な状態に陥れば、離婚という選択をするのも不思議はないでしょう。

結婚生活は、生まれや環境が違う2人が、協力し合い門名題解決に取り組みながら、家庭や家族を守っていく必要があります。

精神的な虐待は、歩み寄りやすり合わせが不可能です。

migaki編集部

以前は「男性が女性に対して虐待をする」というケースが多く見受けられましたが、今では性別に差がありません。

結婚相談所で結婚した後に離婚しないために気をつけたいこと

一般的な離婚原因を踏まえ、せっかくご縁をいただいたお相手の方と離婚しないためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

嘘をつかない

結婚相談所での活動中、お相手に嫌われたくないという理由で嘘をつくことはやめましょう。

migaki編集部

嘘はいずれお相手にバレてしまいます。

嘘の内容よりも「嘘をつかれていた」という事実は、信頼をなくしてしまうことにつながります。

無理をしてお付き合いをしない

結婚相談所での活動で大切なことは、無理をして相手に合わせ過ぎないようにすることです。

最初から無理をしてお相手に合わせてばかりいると、不満が爆発してしまいます。

ありのままの自分でお付き合いができれば、無理をせずに一緒にいることができます。

migaki編集部

残念ながら、我慢をしないと一緒に居ることができないお相手とは、その内うまくいかなくなってしまうでしょう。

結婚相談所は結婚を目的とした男女が活動する場です。

結婚を見据えたお付き合いをするためにもできるだけ無理をせず、自然体でお付き合いをすることを心掛けましょう。

違う部分を認め合える関係をめざす

同じ景色を見たり同じものを食べても、すべての人が自分と同じ感情になるわけではありません。

自分が良いと思っても、相手が同じように思わないこともあるでしょう。

migaki編集部

すべての意見や気持ちが一致する夫婦はいないのです。

結婚において大切なことは、お互いに違う部分があるということを認めることです。

サポートし合える関係になれるように、お互いに努力しましょう。

自分の気持ちは素直に言葉で伝える

自分の気持ちは、言葉にしなければ伝わらないものです。

回りくどい言い方で相手に伝えたことが原因で、勘違いされてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

migaki編集部

お相手に何かをして欲しいときは、素直に言葉で伝えることを心掛けましょう。

結婚相談所で離婚しないために相手を見極めるポイント

真剣に結婚を考えている方が利用をする結婚相談所。

相談所で活動をするからには「離婚をしない相手を選びたい」と考えるものです。

入会時から結婚をする事が目的で、好き嫌いばかりではなく、結婚相手としてふさわしいかを見極められる結婚相談所は、離婚率が低いのも特徴の1つ。

しかし、活動をする際にはお相手をしっかりと見極める事が大切です。

ここでは、結婚相談所で離婚しないために相手を見極めるポイントを2つご紹介します。

これから結婚相談所で婚活をと考えている方はぜひ参考にして下さい。

価値観が合う人を選ぶ

「価値観が合う人を選ぶ」のは大切なポイントです。

前述にもあるように、夫婦が離婚をしてしまう原因の多くが「性格の不一致」。

円滑な結婚生活を過ごすためにも、価値観が合うお相手を選ぶよう心掛けて下さい。

一般的な恋愛とは違い、結婚相談所ではプロフィールなどを確認しながら活動ができます。

また、仮交際といって「相性を見極める期間」が用意されているのも特徴の1つです。

migaki編集部

仮交際はもちろん、真剣交際に進展した後も、デートやコミュニケーションを重ねて価値観や考え方などを確認する事が、離婚しないお相手と巡り合えるコツにつながります。

条件だけでなく中身も知って選ぶ

「条件だけではなく中身も知って選ぶ」ようにしてください。

結婚相談所では、活動時に希望や条件が設定できます。

中には、ルックス・職業・学歴などを重要視している方もいるはず。

もちろん、それらが「譲れない条件」であれば考慮してお相手選びをするのも良いのですが、やはり結婚生活を続けていくためには、「中身」が大切です。

例えば、ルックスや年収が良いお相手であっても、思いやりが欠けていると、一緒にいる事さえ困難になってしまいます。

結婚相談所は、仲人やカウンセラーに相談をしたり、一緒にお相手を選ぶ事も可能です。

migaki編集部

客観的なアドバイスを聞きながら、自分自身にピッタリのお相手を見つけて下さい。

サポートが手厚い!仲人型結婚相談所おすすめ3選

結婚相談所を介した婚姻は、離婚率が低い傾向にあります。

結婚を考えている方の中には、結婚相談所の利用を検討している方もいるかもしれません。

結婚相談所のタイプも様々ありますが、おすすめしたいのが「仲人型」と呼ばれるものです。

サポート力が高く、二人三脚での活動ができるため、安心感も抜群。

ここでは、サポート力が手厚いおすすめの結婚相談所を3つご紹介します。

初めての婚活の方はもちろん、サポート力を重視したい方にもピッタリの結婚相談所ばかりですので、参考にして下さい。

ゼクシィ縁結びエージェント

ゼクシィ縁結びエージェント
紹介可能
会員数
約32,000人以上
タイプ仲人紹介型
連盟CONNECT-ship
年間活動費用151,800円~
紹介件数/月0名~6名
※プランで変動あり
検索申込/月20名
※プランで変動あり
公式URLhttps://zexy-en-soudan.net/
ゼクシィ縁結びエージェントのおすすめポイント

大手企業の1つ、リクルート社が運営をしている結婚相談所が「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

会員数が多く、低コストで婚活ができるため、初めて婚活をする方にもピッタリ。

また、ゼクシィ縁結びエージェントは婚活のプロが経験値知識を活かし、徹底したサポートも大きな魅力です。

入会をすると、会員1人1人に「専任コーディネーター」がついてくれます。

悩みや不安にもすぐに対応をしてくれますし、段階ごとの的確なアドバイスも実施。

「確実な婚活」ができる結婚相談所です。

また、お見合いの際の日時や場所などもすべて調整してくれるため、手間もかかりません。

⽉額9,900円~婚活をサポート!

ゼクシィ縁結びエージェント
入会予約はコチラ

サンマリエ

サンマリエ
紹介可能
会員数
約80,000人
タイプハイブリッド型
連盟日本結婚相談所連盟(IBJ)
年間活動費用521,400円~
紹介件数/月1名~3名
※プランで変動あり
検索申込/月0名~10名
※プランで変動あり
公式URLhttps://www.sunmarie.co.jp/
サンマリエのおすすめポイント

専任仲人が会員1人1人に寄り添い婚活をサポートしてくれるのが「サンマリエ」です。

完全担当制を導入しているため、じっくりと希望や条件をヒアリングしてくれます。

話をしながら印象や人柄を把握し、相性の良いお相手を紹介。

また、サンマリエでは婚活力を引き出すセミナーも実施しています。

  • メイクアップ講座
  • 男性ファッション講座
  • 魅力アップ講座
  • 模擬お見合い
  • マナーレッスン

など、初めて婚活をする方や、自信を持って活動できる環境づくりを徹底サポート。

専任仲人には不安な事があればいつでも相談可能なので、ストレスのない婚活ができます。

交際まで平均1.6ヶ月

サンマリエ
入会予約はコチラ

パートナーエージェント

パートナーエージェント
紹介可能
会員数
約73,000人以上
タイプ仲人紹介型
(店舗型)
連盟・CONNECT-ship
・SCRUM(スクラム)
年間活動費用292,600円~
※エリアⅠコンシェルジュコース
紹介件数/月4名
※プランで変動あり
検索申込/月5名
※プランで変動あり
公式URLhttps://www.p-a.jp/

パートナーエージェントのおすすめポイント

専任のコンシェルジュがお相手を紹介してくれるため、価値観や相性ピッタリの出会いが生まれる「パートナーエージェント」。

入会時には、過去のデータに基づいた婚活設計を立ててくれるので、効率的・計画的に活動がすすめられます。

このため、早期結婚を目指す方にもおすすめです。

また、パートナーエージェントで最も人気のコース「コンシェルジュコース」は、7名のスタッフによる徹底サポートを実施。

サービスに合わせたプロコンシェルジュが担当してくれるため、スムーズな婚活ができます。

専任コンシェルジュがフィードバックを定期的に行いながら軌道修正をしてくれるのも嬉しいポイント。

客観的に改善点を把握しながら、運命のお相手と出会えます。

専任の成婚コンシェルジュがサポート

パートナーエージェント
入会予約はコチラ

結婚相談所で結婚したカップルの離婚率は低い!

結婚相談所で結婚したカップルの離婚率は低い!

結婚相談所を利用して成婚したカップルの離婚率は、日本全体の離婚率と比較すると低いという結果が出ています。

migaki編集部

しかし、結婚相談所を利用して結婚すれば、絶対に離婚しないということではありません。

離婚した夫婦の最も多い原因は、「性格の不一致」です。

自分の想像していた結婚生活と、実際の結婚生活が違っていたことが原因になっていると考えられます。

このような状態を回避するためには、

  • 結婚相談所での活動中から無理をしないこと
  • 相手に合わせ過ぎないこと
  • 自分の気持ちはきちんと言葉で伝える

ことが大切です。

また、お相手に嫌われないように自分を偽ってお付き合いを続けたとしても、うまくいかなくなってしまう可能性があります。

離婚を避けるためには、

  • ありのままの自分でお付き合いができる人
  • お互いを認め合い一緒に努力していける人

と、お付き合いをすることが大切なのではないでしょうか。


春の出会いに!登録料無料キャンペーン

スマリッジのキャンペーン情報

3月1日(金)14:00 から 3月14日(木)13:59までのご登録で登録料6,600円が「0円」になるキャンペーンを実施中!

migaki編集部

スマリッジでは「登録料無料キャンペーン」を実施中!期間内のご登録で登録料6,600円が「0円」となります。

※U28割などお得な割引と併用してご利用できます。

期間:3月1日(金)14:00 から 3月14日(木)13:59まで


もくじ