現代の結婚相談所に危機感!婚活ビジネスの今後とは?

婚活業界におけるマーケットは50年以上前から続いており、需要の伸びる産業として婚活ビジネスは現在も注目を集めています。これから婚活カウンセラーとして独立や開業を目指している人や婚活サイトを立ち上げようと考えている人も少なくないはず。ですが、婚活ビジネスを成功させるためには、本当に求められる婚活サービスとは何なのか、そのニーズを知り、今後の婚活業界、婚活ビジネスはどう変わるべきかを意識する必要があります。現在の婚活業界で多くの企業が提供している結婚相談所には、避けられない問題がいくつかあります。従来からある結婚相談所が成し遂げられない顧客ニーズに応えるため、今後の婚活業界を刷新すべく、新たな新風となる婚活サービスが誕生しなければいけないと我々は考えています。まずは婚活ビジネスの現状を正しく把握し、婚活ビジネスの今後に備える対策方法を探していきましょう。

婚活業界・婚活ビジネスの現状!市場規模は2000億円!?

婚活ビジネスの市場規模は、現在もなお上昇傾向にあります。平成18年度の経済産業省『少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書』では、婚活ビジネス業界全体の市場規模は500~600億円、婚活サービスは多くの利用者から求められるビジネスとされています。そこからさらに進化を続けてきた婚活業界・婚活ビジネスは、現在では市場規模2,000億円近いと言われています。直近約10年間で3倍以上と急速な速度で拡大しているのです。市場規模2,000億円の産業というと、婚活業界以外では映画や通信教育、レンタルビデオ、人材紹介業界などがあげられます。いずれも私たちの生活において身近で一般的なサービスですね。婚活サービスがこれらのサービスと並ぶ市場規模であるということからも、婚活ビジネスがいかに私たちの生活に密着するもので、消費者から求められるサービスであるということがお分かりいただけるかと思います。
大手結婚相談所各社の業績を見ると、どの会社も売上高は上昇傾向と順調な推移を見せています。なかには2016年から2017年にかけて、売上が倍増している結婚相談所もあるほどです。ですが、結婚相談所における問題は、その成婚率にあります。成婚率とは、結婚相談所を利用して活動されている会員のうち、どれくらいの割合の人が実際に成婚に至ったのかを数値で算出したもの(成婚率=活動会員数÷内部成婚数)です。婚活ビジネスへの需要が確実に高まっている一方で、実際には結婚相談所を利用しても結婚できない人は少なくないのです。また、結婚相談所などの婚活サービスを求める層の男女のなかには、恋愛したい、結婚したいけれども、結婚相談所などのサービスは費用が高くて利用できない、婚活したくてもできないという方も少なくないのです。

婚活業界・婚活ビジネスの企業に残された問題とは?

今後も拡大傾向にある婚活業界。ですが、婚活ビジネスには課題が多く残されているのです。ここからは、現代の婚活企業に残された問題、婚活業界の今後の課題についてお話していきます。

婚活業界・婚活企業の課題①婚活・結婚スタイルの多様化

婚活スタイルが多様化する現代は、婚活ビジネス戦国時代といっても過言ではありません。年齢を問わずスマートフォンやネットを使うことが一般的になっている今、婚活のスタイルもネットを利用したものに様変わりしてきています。結婚相談所や親戚・友人を通じての婚活は勿論ですが、地域の特性を生かした合コンイベントである「街コン」や「婚活パーティー」、ネット婚活と言われる「婚活サイト」「婚活アプリ」など、男女の出会いを提供する婚活サービスは増え、様々なスタイルへと多様化しています。
また、働く女性が増えたことによって、晩婚化、つまり初婚年齢が高くなっているという傾向もあります。晩婚化に伴い晩産化も進み、出産適齢期の女性が減ることで出生率も低下。そのため、国も自治体も、働く女性が婚活する機会を積極的に支援しています。
2015年に公表された日本の生涯未婚率(50歳までの間に一度も結婚をしたことがない人の割合)は男性23.37%、女性14.06%。日本の生涯未婚率は年々増加傾向にあります。一方で、いずれ結婚したいと考えている未婚者(18~34歳)の割合は男性86.3%、女性89.4%と高くなっているのも事実。婚活業界・婚活ビジネスの市場規模が拡大、婚活企業も成長している中で、結婚したいけれど相手が見つからないという男女が今だにこれだけ多いということは、結婚したい人同士を結びつける婚活ビジネス、婚活企業が提供する婚活サービスには、更なる多様性とより成果を求めた効率的なサービスへの変革が求められるということなのです。

婚活業界・婚活企業の課題②出会いの環境の減少

婚活サービスの需要は近年、急激に上昇しています。様々な企業が婚活ビジネスに参入してきたきっかけは、仕事が忙しい、仕事以外で異性とコミュニケーションを図る機会が少ないなどの理由から、結婚適齢期と言われる20代~30代の男女の出会いが減少しているからです。
ですが、従来の大手結婚相談所の成婚率は10%前後。仲介型の成婚率№1をPRしている企業でも、その成婚率は20%~30%まで届きません。つまり、30万~50万円の費用を払って結婚相談所を利用しても、10人中7~8人は成婚につながらないというのが、現状の婚活であり、婚活業界・婚活企業の課題とも言えます。

婚活業界・婚活企業の課題③婚活サービスの効率化が進んでいない

消費者の需要は伸びながらも、企業がそのニーズに応えられていないというのが婚活ビジネス業界の現状です。需要のある所にサービスが存在しなければいけませんし、結婚したい男女のニーズにどう応えるのか、その課題解決こそ、婚活企業が最も焦点を当てるべきポイントなのです。
これからの婚活業界には、すべての恋愛、結婚を求める男女がより気軽に利用できて成果が得られる、効率的なサービスが必要とされるでしょう。従来からある結婚相談所が成し遂げられない課題を解決するため、新たな新風となる婚活サービスが誕生しなければいけないのです。

婚活業界・婚活企業の課題④費用面の問題

婚活サービスを利用する消費者が、サービスに対してどれくらいの費用をかけられるのか?も重要な問題です。大手結婚相談所などの婚活サービスを利用するには高い費用を支払わなければいけない傾向がありますが、たとえば利用者の年齢が20代など比較的若い場合など、婚活サービスを利用したくても費用が支払えずに利用できないという人は多いです。サービスの価格をいくらに設定するかは、ビジネスにおいて非常に重要なこと。今後の婚活業界では、サービスを利用する消費者の平均所得、婚活に対して1ヶ月あたりに使える金額はどの程度なのか?をきちんと調査し、恋愛、結婚を求めるすべての男女が利用できるサービスを提供していくことが、成婚率を上げる鍵になるでしょう。

婚活業界・婚活企業の課題⑤各サービスのオリジナリティ

婚活業界への参入企業が増えれば増えるほど、各企業が提供する婚活サービスにもオリジナリティが必要になります。いくら需要がある婚活サービスといえども、ただ男女をマッチングするだけでは他社と差別化できないのです。たとえば、「婚歴がある人限定」「20代限定」など、ターゲットを小さく絞った企画を行うなど、独自性のあるサービスを提供するのも効果的でしょう。今後の婚活業界・婚活企業はこうしたオリジナリティのある企画をどれだけ生み出せるかが重要です。独自のサービスであること、さらにそのサービスの価格は利用者が納得できる金額であること、付加価値のあるサービスであれば、それだけ消費者からの期待も高まり、注目が集まります。他の婚活サービスでは経験できないような新しい婚活サービスが誕生すれば、婚活業界において新たな新風となり得るでしょう。

婚活ビジネスの今後とは?

婚活ビジネスは今後もさらに需要の拡大が期待できる産業です。ですが、企業側は消費者のニーズに対して完全には応えられていない状態です。近年の様々なデータを見ると、未婚率は上昇、結婚できないことに悩む男女は確実に増えています。そのため、婚活ビジネス市場は今後も拡大することが予測されます。ですが、いくら婚活業界の市場規模が拡大しても、自社のサービスが利用してもらえるかどうかはまた別問題。これからの婚活企業は、恋愛したい、結婚したいと考えているすべて男女にサービスを利用してもらえるような工夫やオリジナリティによって他社との差別化が必要です。最も顧客ニーズに応えるサービスが新風となり、婚活業界を変革していくのです。婚活ビジネス・婚活業界においては、更なる企業努力が重要です。

入会から成婚までをすべてWeb上のサービスとして提供する結婚相談所「スマリッジ」は、婚活業界の新たな新風となる新しい婚活サービスです。Webからの登録なので、20代、30代の働き盛りで忙しい世代にもおすすめ。さらに手頃な費用と丁寧なサポートで、結婚したいと考えるすべての男女のニーズに応えるべく、婚活業界に新たな新風を吹き込みます。


SCROLL