結婚相談所ではプロフィールの書き方が重要!会いたいと思わせるプロフィール作成テクニック

結婚相談所に登録すると、最初に行う作業が自分のプロフィールを作成することです。書かなくてはいけない項目がたくさんあるので面倒だなと思う人もいるでしょう。ですが、結婚相談所ではプロフィールの書き方がとても大事。プロフィールの書き方次第で、あなたの婚活が成功するかどうかが決まってしまうといっても過言ではありません。ここでは、結婚相談所のプロフィールがどれほど重要なものなのか、また、会いたいと思わせるプロフィールの書き方や好感度が上がるプロフィール作成のテクニックについてご紹介します。

結婚相談所はプロフィールの書き方によって婚活の成功率が変わる!

気になるお相手と直接会ったときに本当の自分を知ってもらえばいいのだから、結婚相談所のプロフィールはとりあえず項目を埋めておけばいい、と思っている人もいるかもしれません。結婚相談所のプロフィールに書く項目は、結婚相談所によって多少違いはありますが、たくさんの項目について書く必要があります。趣味がない、アピールできるものがない人にとっては、項目を埋めることが苦痛に感じる人もいるでしょう。ですが、お互いに面識のない人同士が出会う結婚相談所において、気になる相手を見つける手段はプロフィールの情報です。さらに、この人と会ってみたいと思うかどうかの判断基準は、プロフィールの情報で決まります。
結婚相談所の最初のアプローチは、気になる人を見つけてアクションを起こす、または自分のことが気になっている人からのアプローチを待つことからスタートします。つまり、魅力的なプロフィールを書くことが、多くの異性と出会える可能性を高めることになるのです。会いたいと思ってくれる異性を増やすことができれば、それだけ成婚のチャンスを増やすことができますね。
結婚相談所に登録されている人が数多くいる中で、プロフィールによってあなたの魅力をアピールすることができれば、異性から会ってみたいと思ってもらえる確率を上げることが可能なのです。つまり、結婚相談所のプロフィールはあなたの婚活を成功させるカギといえるものなのです。
結婚相談所に登録したら、自分の魅力を最大限にアピールするプロフィールを作成してみましょう。

結婚相談所のプロフィールの書き方で好感度を上げる3つのテクニック

結婚相談所のプロフィールの書き方で、好感度を上げるテクニックは3つあります。

1.第一印象のよい写真を撮る
2.男性は将来設計を、女性は女子力をアピールする
3.回答は単語ではなく、状況が想像しやすい文章にする

この3つのポイントを押さえてプロフィールを作ると、好感度をアップすることができます。

結婚相談所のプロフィール写真は大事!第一印象のよい写真を撮る

人間は、言語情報、聴覚情報、視覚情報の3つで相手の印象を決めると言われています。印象に与える影響の割合は、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%です。つまり、相手の印象の半分は見た目で判断しているということです。このことからも、結婚相談所のプロフィール写真がいかに大切なものかがわかるのではないでしょうか。
結婚相談所のプロフィール写真は、自撮りや友人に撮影をしてもらうのではなく、プロにお願いして撮影してもらうことをおすすめします。プロによる撮影は、写真のクオリティが高いので相手に与える印象が格段にアップします。

写真を撮るときの服装は、男性はカジュアルな服装よりもジャケットを着用するときちんとした清潔感のある印象になります。女性の場合はパンツスタイルではなくワンピースやスカートの方が、女性らしさがあり好感度があがります。

結婚相談所のプロフィール写真で男性におすすめの服装

男性の場合、結婚相談所のプロフィール写真を撮るときの服装は、清潔感を意識してみましょう。サイズが合っていないスーツや、カジュアルすぎるシャツは清潔感を下げてしまいます。スーツの下には、ワイシャツのようなきちっとした印象のシャツを合わせると女性からの好感度がアップします。女性は、全身をチェックする人が多いです。足元まで見ている人が多いので、靴にも気を配るようにしましょう。

結婚相談所のプロフィール写真で女性におすすめの服装

女性の場合、結婚相談所のプロフィール写真を撮るときの服装は、ワンピースやスカートの方が女性らしさを強調することができます。ただし、ビジネススーツのような落ち着いた色を選んでしまうと、全体の印象が暗くなってしまいます。白やパステルカラーなどの優しい色を選ぶと、全体の雰囲気が柔らかくなり、明るい印象になるのでおすすめです。
メイクは、ナチュラルメークを心がけましょう。たとえば女性アナウンサーは会社員ではありますが、不特定多数の人に見られる職業なので、良い印象を与える洋服やメイクをしている人が多いです。写真を撮るときの服装やメイクの参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

自己PRでは男性は将来設計を、女性は女子力をアピールする

結婚相談所のプロフィールにある自己PR欄では、男性は女性に対しての配慮、理解を、女性は女子力をアピールしましょう。たとえば、男性の場合、パートナーとなる異性への配慮がプロフィールでアピールすることがポイントです。例えば趣味などについても、自分の趣味だけではなく、『パートナーの趣味を理解して共に楽しめるのが理想です。』などパートナーへの配慮や理解があると女性から好印象となります。
女性の場合、女子力をアピールするために、料理が苦手なのに料理をすることが好きだと嘘を書いてしまうと、会うことになったときに自分がつらくなってしまうことになります。たとえば、料理は苦手でも食べることが好きな人ならば、「食べることが好きなので、友人とおいしいお店を探して食べ歩きをすることが好きです。」という内容にすると、仲の良い友達と楽しんでいる雰囲気を伝えることができますね。

趣味などの回答は単語ではなく、相手が想像しやすい文章にする

たとえば、趣味が読書だったとします。

例1「趣味 読書」
例2「趣味は、本を読むことです。好きなジャンルは、ファンタジー小説やミステリー小説です。マンガも好きなので、新刊が出ているとチェックしてしまいます。」

同じ読書について書いたプロフィールだったとしても、後者の方がより親しみを感じませんか?同じ読書でもその人がどんな本が好きなのかを知ることができると、自分との共通点を見つけやすくなります。プロフィールの項目を記入するときは、「単語」ではなく、「相手が想像しやすい文章にする」ことを心がけてみましょう。

結婚相談所のプロフィールで記入する項目は?

結婚相談所のプロフィールには、どのようなことを書く必要があるのでしょうか。結婚相談所によってプロフィールの書き方にも多少違いはありますが、主な内容をご紹介します。

結婚相談所プロフィールの書き方:基本情報

ほとんどの結婚相談所で書かれているものが、基本情報と呼ばれている内容です。基本情報には、以下のようなものがあります。

1.名前
2.生年月日
3.身長
4.体重
5.血液型
6.学歴
7.職業
8.年収
9.住んでいる場所

これらの内容は、結婚相談所で入力されている場合が多いです。

結婚相談所プロフィールの書き方:結婚相手に望む条件

結婚相談所のプロフィールには、結婚相手に望む条件を提示する項目もあります。これから結婚したいと思う相手を探すわけですから、できれば満たしていてほしい条件と、この条件は譲れないという条件がありますね。結婚相手に望む条件には、将来は親と同居を希望しているのか、離婚歴の有無が気になるかなどの条件を記載しておきましょう。
結婚は、自分の将来に大きく影響する大切なライフイベントなので、この条件は譲れないと思うことは妥協する必要はありません。ですが、ルックス、職業、年齢、年収などあまりたくさんの条件をつけすぎてしまうと、お相手が見つからない可能性が高くなってしまいます。
自分の希望する条件を満たす人だけが、あなたにとって幸せな結婚相手になるかというとそんなことはありません。本当に大事なことは、あなたにとってお相手の方が本当に大切な人になれるかということです。
たとえば、親と同居してほしい、親と同居はしたくないなどの譲れない条件は最初にわかっていたほうがお互いにとってプラスになります。ですが、相手を条件だけで判断しないことも大切だという点を踏まえた上で、相手に対する希望を記載しましょう。

結婚相談所プロフィールの書き方:フリースペース

フリースペースは、自由に書くことができるので何を書いたらよいかわからないという人も多いかもしれません。フリースペースは、「冒頭のあいさつ」「婚活のきっかけ」「趣味や興味のあること」「休日の過ごし方」「自分の性格」「結婚観」「最後の挨拶」などで文章を組み立ててみましょう。最初の挨拶は、自分のことが気になりプロフィールを読んでくれた方への最初のメッセージになります。挨拶の言葉があるかないかで、メッセージ全体の印象が変わってしまいますので必ず入れるようにしましょう。

結婚相談所のプロフィールの書き方例
結婚相談所の基本情報は、結婚相談所ですでに入力されている場合があります。趣味などについては、すでにご説明したとおり、「趣味 読書」のように単語で書くのではなくて、どんな本が好きなのかなど、文章にするとあなたの人柄を伝えることができます。フリースペースでは、一体どんなことを書いたらいいのか…と迷ってしまう方も少なくないでしょう。そんな方のために、プロフィールの書き方の参考例をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

結婚相談所のプロフィールの書き方例

結婚相談所の基本情報は、結婚相談所ですでに入力されている場合があります。趣味などについては、すでにご説明したとおり、「趣味 読書」のように単語で書くのではなくて、どんな本が好きなのかなど、文章にするとあなたの人柄を伝えることができます。フリースペースでは、一体どんなことを書いたらいいのか…と迷ってしまう方も少なくないでしょう。そんな方のために、プロフィールの書き方の参考例をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

「冒頭のあいさつ」

はじめまして。プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

「婚活のきっかけ」

友人の結婚式に招待されたときに旦那さまの隣にいる友人の幸せそうな笑顔をみて、私も人生を一緒に楽しむことができるパートナーと出会いたいと思い、入会しました。

「趣味や好きなこと」

旅行に行くことが好きなので、休みが取れると気の合う友達と旅行を楽しんでいます。

「休日の過ごし方」

休日は、友達とショッピングや食事に出かけておしゃべりをすることが多いですが、家で好きな音楽を聴きながらのんびりすることもあります。

「結婚観」

好きなことや楽しいことを2人で楽しめるような家庭を築いていきたいと思っています。

「最後の挨拶」

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご縁を大切に活動していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

文章は苦手でも伝えたいという気持ちを持つことが大切

プロフィールの書き方について解説してきました。文章を作ることが苦手な人は、プロフィールを作るのが難しいと考えてしまう人もいるかもしれません。プロフィールの作成で大切なことは、上手な文章を作ることではなく、読んでくれる人を想像しながら読んでくれたことへの感謝の気持ちで文章を作ることです。誠実な気持ちは、少しくらいつたない文章であったとしても必ず相手に届きます。プロフィールの書き方を参考に、あなたらしいプロフィールを作成してみてくださいね。
どうしても書き方が分からない…、うまく書けない…という人は、結婚相談所の婚活アドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。Web結婚相談「スマリッジ」は、入会から成婚までWeb上で完結できるのが特徴です。さらに、オンライン婚活アドバイザーがあなたの婚活をサポートさせて頂きます。プロフィールの書き方や写真の撮り方についても、オンラインなので相談しやすいですよね。初めての結婚相談所でどんなプロフィールを書いていいか分からない…という人は、ぜひWeb結婚相談所「スマリッジ」をご利用くださいませ。


SCROLL