成婚率とは何?結婚相談所での成婚率の計算方法や年齢別の割合について

婚活をしようと思った時に頭に浮かぶのは、結婚相談所ではないでしょうか。結婚相談所は日本全国無数にあり、大手婚活企業が運営する結婚相談所から小さな結婚相談所まで様々です。そんな結婚相談所がアピールポイントとして挙げているのが「成婚率」。しかし、婚活初心者からすると、成婚率とは何の話だろう?と思いますよね。結婚相談所で結婚できる確率のことなの?とも思える「成婚率」とは、一体、何を表しているのでしょうか。今回はそんな成婚率の計算方法や20代30代など年齢別の成婚率についてご紹介していきます。

結婚相談所の成婚率の実態とは?経済産業省の成婚率算出方法

結婚相談所でよく用いられる「成婚」ですが、婚活のことを知らない人からすると「結婚が決まったこと」と思うのではないでしょうか。しかし、実際の結婚相談所において「成婚」という言葉が、結婚したという意味で用いられていることはほとんどありません。大体の結婚相談所で用いられている成婚とは、結婚を前提にお付き合いする相手が決まった方が、結婚相談所から退会することを指しています。つまり、結婚したのではなく、結婚したい相手とお付き合いができたという状態ですね。中には一緒に旅行に行ったら成婚とみなす結婚相談所や真剣交際に至って数か月たったので成婚とみなします、とされるところもあるのだとか。
となると、成婚率が一体どんな計算式で算出されるのかが気になりますよね。結婚相談所が公表している成婚率の多くは、その結婚相談所において成婚された方の割合を示しているものですが、その成婚率について明確な算出方法は定義されていない場合が多いです。つまり、結婚相談所によって成婚の定義が様々であるのと同じように、成婚率の定義もまた様々なのです。
結婚相談所における成婚率の代表的な計算方法としては

1)その年の成婚による退会者数÷その年の成婚以外を含む全退会者数
2)その年の成婚による退会者数÷その年の総会員数

があげられます。結婚相談所によって計算方法が違うというだけでなく成婚の定義も曖昧であるため、結婚相談所に記載されている成婚率だけを頼りにすることはできません。
とはいえ、経済産業省の調査によると、結婚相談所を通じて結婚に至る割合は男女ともに約10%といわれています。経済産業省による算出方法は「成婚に至った退会者数」÷「会員数」で計算されており、用いられた数値はそれぞれの結婚相談所の平均値で計算されています。つまり、経済産業省の提示する数値は結婚相談所業界における平均値と考えて良いでしょう。

成婚率が高い結婚相談所にはからくりが?

従来からある結婚相談所の成婚率は平均10%程度です。しかし、中には抜きんでて成婚率が高く、なんと成婚率90%だと謳っている結婚相談所もあります。なぜ、このように高い成婚率をたたき出すことが出来ているのでしょうか。実は結婚相談所の中でも、成婚率が異様に高い結婚相談所ではからくりが用いられていることがあるからなのです。
成婚率が高い結婚相談所では成婚率を出すときの計算が、結婚相談所を介して結婚相手を見つけた人だけではないことが多いと言われています。結婚相談所の成婚率に、結婚相談所以外のご縁で結婚が決まった方までも含めてしまう場合が多いのだそう。さらにひどいところでは、その年のすべての退会者を成婚者として成婚率の計算に含めてしまっているところもあるのだとか。つまり、結婚が決まったという理由でやめる退会者だけではなく、ただ単に結婚相談所をやめたという方も、成婚者の数に含まれているということです。成婚率が高い相談所が全てこのからくりを用いていると断言はできませんが、成婚率が高い相談所だから婚活も大丈夫!と油断をしていてはいけません。どの結婚相談所であれ、実際は結婚相談所で結婚できる確率は10~20%程であるということを念頭に置いて、地道に結婚への努力をしていっていただきたいと思います。

結婚相談所の成婚率が低い理由について

結婚相談所の成婚率が平均10%という数字は、その割合だけを見ると決して高い数字ではないかもしれません。しかし、結婚相談所を含めた婚活サービスを利用せずに1年以内に結婚できる確率は5%未満と言われています。つまり、成婚率が低いと言われている結婚相談所でも、結婚相談所で結婚できる確率は、利用しないときの倍以上になるということなのです。少しでも結婚への確率をあげるためには、結婚相談所を利用した方が良いということが言えるでしょう。とはいえ、結婚相談所の成婚率が平均10%という数字が低いことには変わりありません。なぜ、結婚相談所の成婚率が低いのでしょうか?続いては結婚相談所の成婚率が低い理由についてお話していくことにします。

結婚相談所は男女の会員バランスが大事

結婚相談所の成婚率が低い理由として、結婚相談所は男女比が悪いということがあげられます。婚活はどちらかというと女性の方が積極的に行う傾向があるため、男女の会員バランスとして女性が多い結婚相談所が多いところが多いのです。男女比のバランスが取れないということは、成婚率はなかなか上がらないことに繋がってしまいます。地域によってもばらつきがあることから、他の地域であれば会員バランスがよいのに…というところも少なくはありません。

結婚相談所を利用する男女の年齢需要にギャップがある

結婚相談所に登録する男女の需要にはギャップがあると言われています。なぜなら、女性の場合は同年代の男性から少し年上の男性を好む傾向があるのに対し、男性は少しでも若い方がいいと20代の女性から順に希望をあげる傾向があります。実際の結婚相談所は20代女性よりも30代女性の方が多いため、男性が20代女性を希望しても倍率が高い、30代女性が30代男性を希望しても30代の男性は20代の女性を希望している…と希望がかみ合わない現象に陥ることも多いのです。女性と男性の相手の求める年齢にギャップがあることから需要と供給が伴わず、成婚率が上がらないことに繋がってしまいます。

結婚相談所の成婚率は年齢別に違いはあるの?20代、30代、40代の成婚率の比較

結婚相談所の成婚率が低い理由はお分かりいただけたと思いますが、結婚相談所における成婚率は、年齢別にどのようなばらつきがあるかご存知でしょうか?続いては20代、30代、40代と分けて、結婚相談所の成婚率を比較していくことにしましょう。

結婚相談所で20代の成婚率とは?

結婚適齢期になってきた20代半ばくらいから、結婚に対して焦りを感じ始め結婚相談所に入会する人は意外といます。男女ともに20代という若さはモテる要素の大きな一つであることから、20代のうちに結婚相手を見つけなくては…!と考える人もいるほど。若ければ若いほど気持ちに余裕を持って婚活ができるので、20代で結婚相談所を使うということは賢い選択と言えるでしょう。
そして、結婚相談所での20代男女の成婚率は、実際に30%程度あると言われています。つまり、3人に1人が成婚に至る計算となります。平均の成婚率が約10%であることからも、20代は成婚率が他の年齢に比べると高いことがお分かりいただけることでしょう。

結婚相談所で30代の成婚率とは?

20代女性の成婚率は約30%と、平均より高いことをご説明しましたが、30代女性はどのように推移してくるのでしょうか。30代女性は婚活市場では最も人数が多くなってくる年代であり、結婚相談所においても女性会員の約6割が30代の女性だと言われています。年齢的にも焦りを感じ始めるため、30代の成婚率は非常に気になるところでしょう。そんな30代女性の成婚率というと、成婚率が高い結婚相談所では25%程度。つまり4人に1人が成婚する確率です。20代の女性に比べると成婚率は下がるものの、30代の女性にとっても希望が持てる数値ではないでしょうか。
一方で、30代後半から成婚率がガクッと下がると言われているため、婚活市場での男性需要としては実際のところ20代男性よりも30代前半~半ばまでの方が需要があると考えることができます。また、男性の方が成婚率が低くなってしまっているのは、年齢が上がるにつれて男性の理想が高まってしまっていることや、30代女性の割合が増えていることに対して男性が20代女性を求めてしまっていることから、このような割合となっていると言えるのではないでしょうか。

結婚相談所での40代の成婚率とは?

男女共に40代となると、既婚者ばかりで出会いがない…と感じている方も多いですよね。そんな40代の結婚相談所での成婚率はどのようなものになっているのでしょうか。
実は40代の成婚率は男女ともに10%にも満たないのです。むしろ5%あればよい方とも言われるほど。それほど婚活市場では40代の男女は不利という状況であることが分かります。しかし、結婚したいと思って出会いを求めている場合でこの割合となると、実際の生活でパートナーを見つけるのはさらに難しいことが容易に想像できるのではないかと思います。結婚相談所の成婚率は確かに低いですが、決して安いとは言えない費用を払っているということもあり、既婚者や結婚詐欺といった相手と出会わない点は安心して婚活を行える環境であると言えます。

結婚相談所の成婚率にまどわされない婚活はWeb結婚相談所「スマリッジ」で

結婚相談所の成婚率について、様々なお話をしてきました。結婚相談所が公表している成婚率は、正確な値とは言えない点が多いです。しかし、普通に生活をしながら運命の相手と出会い、恋愛結婚する日を待ち続けるよりは、結婚を意識して集まっている結婚相談所を利用して効率よく婚活した方が、結婚の時期が早まるのは間違いないと言えるでしょう。
ただし、成婚率だけを意識して結婚相談所を選んでしまうのは危険です。なぜなら、成婚率はあなたが本当に結婚できる数字とは言えないからです。成婚率とは過去に成功した人たちの話であって、あなたはこれから婚活を始める「0か100」かの数字しかありません。結婚相談所選びで大切なことは、あなたがどんな婚活をしていきたいか、金額面で負担にならないか、仕事と婚活の両立はできるのか?といった点です。成婚に繋がる仕組みをなるべく安価に提供してくれて、結婚を望んでいる人が使いやすいシステムを用いている結婚相談所を利用していくことが、重要ではないでしょうか。
必要なところに必要な分だけお金をかけて、確実に成婚に繋げたいと考えているのであれば、新しい結婚相談所のスタイルを持つWeb結婚相談所「スマリッジ」がおすすめです。自分にあった相手に出会える結婚相談所の選択肢として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


SCROLL