パーソナルスペースには男女差がある?パーソナルスペースと心の距離の関係を婚活に活用しよう!

パーソナルスペースという言葉を聞いたことがありますか?パーソナルスペースとは、他人に近づかれると不快に感じる距離感のことをいいます。また、パーソナルスペースには男女差があると言われています。つまり、パーソナルスペースについて正しい知識がなければ、自分でも気が付かないうちに、婚活で出会ったお相手に不快感を与えてしまうこともあるということです。ここでは、パーソナルスペースと心の距離の関係を婚活に活用する方法について解説します。

パーソナルスペースと心の距離の関係

パーソナルスペースは、自分と相手との心の距離だと言われています。相手のことをどれくらい信頼しているかによって、どの程度の距離を保ちたいか、どの程度近づかれると不快に感じるかが変わってくるからです。一般的に、パーソナルスペースは次の図のようになり、この距離よりも近くなると不快に感じるといわれています。

●大衆レベル(公的ゾーン) 3.5m以上
●上司(社会的ゾーン) 1.2m~3.5m
●友人(対人的ゾーン 0.45m~1.2m
● 恋人(親密ゾーン) 0.45m以内

ただし、パーソナルスペースには個人差があります。婚活で出会ったお相手との信頼関係や親密度が浅いうちは、不用意に相手のパーソナルスペースに入らないように気遣うことが、お相手との距離感を縮めるコツといえるでしょう。

パーソナルスペースには男女差がある!

パーソナルスペースには男女差があるということをご存知ですか?パーソナルスペースの男女の違いを知らずに婚活を進めてしまうと、自分でも気が付かないうちにお相手に不快感を与えてしまっている可能性があります。

男性の場合のパーソナルスペースとは

男性の場合、パーソナルスペースは自分を基準に前後に楕円形の形をしています。また、自分の前に対してパーソナルスペースが広く、自分より後ろ側のパーソナルスペースが狭いというのも特徴です。

つまり、男性の場合、自分の真正面から近づいてくる人に対して警戒心が強いということになるので、男性に話しかけるときは横から近づくと、相手に警戒させることなく近づくことができます。

女性の場合のパーソナルスペースとは

女性の場合、パーソナルスペースは自分を基準に円形の形をしています。

男性のように、自分の前か後かでパーソナルスペースの差はなく、全体的に男性よりもパーソナルスペースが狭いというのも特長です。よく女の子が、恋人といるときだけではなく、女友達といるときもくっ付き合って近くで行動している姿を見かけたことはありませんか?この行動は、女性が心を許せる友達に対してパーソナルスペースがかなり狭くなっているということを証明しているといえます。
もちろん、女性だからといって、誰に対してもパーソナルスペースが狭いというわけではないので、婚活で出会ったお相手とのパーソナルスペースを縮めていくためには、自分への信頼度に合わせるなど注意することも大切です。

パーソナルスペースとストレスの関係

パーソナルスペースとは心の距離、言い換えると心のバリアともいえます。自分を守るべきバリア(パーソナルスペース)を無視して自分の大切な領域に相手が踏み込んでくると、特に自分では意識をしていなくても知らないうちにストレスがたまってしまうことがあります。逆の言い方をすると、相手が心を許す前に相手の領域に踏み込んでしまうとストレスを感じさせてしまうということです。
例えば、会社で上司から注意を受けたとします。一般的に上司と自分のパーソナルスペースは、1.2~3.5mです。3.5m以上離れて注意を受けているときと、1m以内に近づいて注意を受けているときでは、圧倒的に後者のほうがストレスを感じるのではないでしょうか。
ストレスから自分を守るためにも、自分のパーソナルスペースはできるだけ維持するように心がける、また、相手のパーソナルスペースを尊重してお互いに良好な関係を築くことを心がけるとストレスを軽減させることができます。

パーソナルスペースの広い人の特徴・心理とは

パーソナルスペースの広さは、男女の差だけではなく個人によっても違います。パーソナルスペースの広い人にはどのような特徴があり、どんな心理が働いているのでしょうか。

パーソナルスペースの広い人の特徴

パーソナルスペースが広い人には次のような特徴があります。

●1人でいることが好き
●みんなでワイワイ騒ぐことや集団行動をすることが苦手
●マイペース
●自分の決めたことを相手に乱されたくない気持ちが強い
●人から頼まれたことを断るのが苦手
●自分に自信がない

パーソナルスペースが広い人は、相手に合わせたり、自分のペースを乱されたりすることを嫌う傾向があります。そのため、集団行動が苦手で大勢の人と一緒にいるのが苦手な人が多いです。

パーソナルスペースが広い人の心理

パーソナルスペースが広いということは、できるだけ他者との距離を保ちたいという気持ちがあるということです。距離を保ちたい理由は、「人とかかわるのがわずらわしい」「自分以外のことに興味があまりない」「自分に自信がない」といった心理状態になっていることが考えられます。
パーソナルスペースが広い人と付き合う場合、相手の保ちたい距離を開けずに近づいてしまうと、相手がますます離れてしまう可能性があります。パーソナルスペースが広い人をうまく付き合うコツは、すぐに仲良くなろう、信頼関係を築こうとせずに時間をかけて相手の心に近づくことが大切です。

パーソナルスペースの狭い人の特徴・心理とは

パーソナルスペースの狭い人はどのような特徴があり、どのような心理状態の人が多いのでしょうか。

パーソナルスペースの狭い人の特徴

パーソナルスペースの狭い人には、次のような特徴があります。

●自分に自信がある
●必要以上に相手の影響を受けない
●大勢の人とワイワイと騒ぐことが好き
●相手との適度な距離感を保つコツを知っている
●社交的
●人から何かを頼まれても必要に応じて断ることができる

パーソナルスペースが狭い人は、自分に自信があり、相手と適度な距離感を保つことができます。そのため、空間によって自分を守る必要をあまり感じていないので性格も社交的で活発な人が多いです。

パーソナルスペースの狭い人の心理

パーソナルスペースが狭い人は、相手との距離感で自分の気持ちが乱されたり、自分の行動を制限されたりすることがないと考えています。仮に周りの人から誘いを受けたり、頼まれごとをしたりしたとしても、自分の意思で決断することができるため自分を守るために自分と相手との距離を取る必要を感じていません。
ただし、好意のない相手に対してもパーソナルスペースが狭いわけではないので、信頼関係を築くまでは適度な距離感を保つことは必要です。

仕事に使える適切なパーソナルスペースとは

パーソナルスペースは、男女間だけではなく、相手との関係性や親密度で相手が不快と感じる距離感が変わります。では、どれくらいの距離を保てば仕事中にストレスを感じずに良好な関係を保ちながら仕事ができるのでしょうか。

同じ職場の仲間の場合のパーソナルスペースとは

同じ職場の場合、あまり距離を置き過ぎてしまうとよそよそしくなってしまいますし、逆にあまり距離が近づき過ぎてしまうと、特に相手が異性の場合セクハラになってしまう可能性もあります。相手との関係や立場の違いもありますが、気の合う仲間の場合は45~75cm程度の距離がおすすめです。75cmは、腕を伸ばして相手に届くくらいの距離感です。同じ職場でもそれほど親しい間柄ではない場合は、75~120cm程度の距離を保つのがよいとされています。このくらいの距離であれば、相手の表情もしっかり確認することができますし、よそよそしくなく自然に会話することができます。

会議や話し合いの場面の場合のパーソナルスペースとは

初対面の人とあいさつをしたり、ビジネスで打ち合わせや会議をしたりする場合は1.2m~2m程度が適切です。これは、前の項目でご紹介した社会的ゾーンと呼ばれている距離感です。気の合う仲間同士での距離感とは違い、ある程度適度な距離感を保つことでプライベートの会話はしづらく、相手の表情はしっかり確認できるのでビジネスでは最適な距離感といわれています。
商談をまとめたい場合や、相手の方と年齢や肩書きに差がある場合は、2m~3.5mの距離を保つと相手の立場を尊重し、格式を保って会話をすることができます。

パーソナルスペースを恋愛で生かすテクニックとは

パーソナルスペースとは、相手との心の距離、自分を守るためのバリアだということをご紹介しましたが、パーソナルスペースを恋愛で生かすためにはどのようにしたらよいのでしょうか。パーソナルスペースを恋愛で生かすためのテクニックについてご紹介します。

男性が女性にアプローチする場合

男性が女性にアプローチをする場合、女性があなたにまったく興味がない、または意識をしていな段階でいきなりパーソナルスペースに入られてしまうと、相手に対して嫌悪感を抱く人が多いです。つまり、興味もないし、好きでもない人に近づかれたくないと感じる女性が多いということですね。
いきなりそばに近づいてしまうと嫌われてしまう可能性が高いので、まずはある程度の距離を保った状態で話すことから始めてみましょう。あなたに好意があれば、女性の方からあなたに近づくような行動に出てくるでしょう。さりげなく女性に近づきたいのであれば、スマホの画面や渡した書類などを一緒にのぞき込むといった行動をすれば自然に彼女に近づくことができます。
ただし、あまり親しくないうちに近づき過ぎてしまうと嫌われてしまうことがあるので注意しましょう。

女性が男性にアプローチする場合

男性のパーソナルスペースは楕円形で、前が広く後ろ側が狭いというご紹介をしました。相手があなたのことを認識していないときは、男性の前からパーソナルスペースを保った距離で話しかけると、嫌悪感を抱かれずに、相手にあなたのことを認識してもらうことができます。好意があるかわからないけれど、あなたを認識している関係であれば、後ろから肩をたたいて話しかけると警戒されずに話をすることができます。彼のそばにいきたいときは、隣にさりげなく座る方法もおすすめです。ボディタッチをする女性も多いですが、相手の気持ちがわからないうちにあまりボディタッチをしすぎてしまうと、相手に引かれてしまうこともありますので注意してくださいね。

最後に

パーソナルスペースとは何か、パーソナルスペースには男女差・個人差があるということについて解説してきました。お相手との程度な距離感を確保するということは、お相手の気持ちを尊重することです。信頼関係のない相手がいきなりパーソナルスペースに踏み込まれてしまうと、嫌悪感や恐怖感を与えてしまうこともあります。婚活においては、パーソナルスペースの持つ意味を理解し、あせらずにお相手との信頼関係を築いていくことが、心の距離を縮める近道といえます。


SCROLL