婚活がうまくいかない人必見!婚活がうまくいかなくて疲れたときは婚活のやり方を見直すべき

婚活を頑張っているのになかなか結婚に結び付く相手と出会えない、出会いがあってもなかなか進展しないという人は多いです。婚活がうまくいかないという経験は、男性にも女性にも少なからずあるもので、あなただけではありません。実は、婚活がうまくいかない人には、うまくいかない理由があります。今まで婚活がうまくいかなかった人も安心してください。ここでは、婚活がうまくいかないと悩む男性、女性に向けて、見直すべき婚活のやり方について解説していきます。

まずは婚活がうまくいかない原因を知ろう

まずは婚活がうまくいかない人に多い原因をいくつかご紹介します。心当たりがないか、今までのあなたの行動を振り返ってみましょう。

婚活がうまくいかない原因①プライドが邪魔をしている

結婚相手を探しているときや、紹介されたお相手と会ったとき、あなたのプライドが邪魔をしたという経験がありませんか?例えば、「相手の職業」「年収」「ルックス」「エスコートの仕方」など、理想の結婚相手に求める条件だけを並べて、あなた自身が思い描く結婚相手の理想像と一致していないと感じた瞬間にすべてを切り捨ててしまうと、お相手の本質が見える前にお付き合いが終わってしまう可能性があります。あなたにも得意なことや不得意なことがあるように、お相手の方にも得意なことや不得意なことがあります。また、あなたが理想の結婚相手に抱く条件があるように、お相手にも結婚相手に求める条件があります。自分から出会いのチャンスを切り捨ててしまうのではなく、時間をかけてゆっくり関係を築いていくことも、ときには大切です。

婚活がうまくいかない原因②婚活をする方法が間違っている

ひとことで婚活といっても、さまざまな方法がありますね。「結婚紹介所」「マッチングサイトを利用する」「合コンや街コン」「友人の紹介」などです。一定の結婚条件を満たす人と出会いたいのであれば、「結婚紹介所」などが向いていますが、一度にできるだけたくさんの人と出会って自分に合う人を見つけたいのであれば、「合コンや街コン」といった方法が向いているでしょう。
全く見ず知らずの人との出会いが怖い人は、「友人の紹介」や「同級会」や「自分の知っている人が主催するパーティー」などに参加すると、ある程度顔見知りの人との出会いが期待できます。あなたが結婚相手の条件として何を重視しているかによって、向いている婚活の方法は変わります。婚活がなかなかうまくいかないと悩んでいるのであれば、あなたの婚活の方法は自分の求めている相手を見つける方法に適しているのか考えてみましょう。

婚活がうまくいかない原因③男性と女性の心理を理解していない

恋愛初期における男性と女性の心理は、まったく異なっていることをご存知でしょうか?男性の場合、この人と付き合おうと思った瞬間に相手を想う気持ちがピークになり、脈がないと感じると一気に冷めていきます。一方、女性の場合は、お付き合いを始めた当初はあまり感情が高まることはなく、何回か出会いを繰り返しているうちに徐々に相手への気持ちが高くなることが多いのです。つまり、男性は女性の気持ちが高まる前に諦めてしまっていた可能性があり、女性は気持ちが高まった頃には男性が脈なしと判断して熱が冷めてしまっていた可能性があるということです。

婚活がうまくいかない原因④結婚相手の条件を絶対に曲げない

結婚相手への条件を絶対に曲げたくないという気持ちがある方も多いでしょう。ですが、あまりにも結婚の条件を頑なに曲げたくないと思い込み過ぎてしまうと、思い込みが邪魔をしてしまい、大切な出会いをみすみす逃してしまう可能性があります。すべてにおいて完璧な人はいませんし、完璧だと思っていてもしばらく経ってみたら、実は自分が思っていたとおりではなかったということもあり得ます。結婚の条件にこだわりが強い人は、少しだけ条件をゆるめてみましょう。あなたが作っていたこだわりを少しゆるめるだけで、出会いの可能性は大きく広がります。

婚活がうまくいかない原因⑤自分に自信がない

婚活がうまくいかない人は、自分に自信がない人も多いです。せっかく相手が好意を持ってくれていても、自分に自信がないと行動が消極的になってしまうこともありますし、ネガティブ思考になりやすいので、ネガティブな発言も多くなってしまいます。「自分」という存在は、唯一無二の存在なのです。誰かと比べると自信をなくしやすいので、自分に自信がない人は少し前の自分と今の自分を比較するようにみてください。少し前のあなたより、今のあなたの方が成長していることに気が付くと少しだけ自信が持てませんか?

婚活がうまくいかない原因⑥傷つくことが怖い

「やっぱり〇〇だと思った」そう思うことが多いという人は、自分が傷つくことに恐れを感じている可能性があります。「やっぱり〇〇だと思った」という言葉は、裏を返すと本当は望んでいない現実を自分の中で準備しておいて、うまくいかなかったときの自分を守るための手段を用意しているということです。恐れを感じたことがないという人はおそらくいません。ですが必要以上に傷つくことを恐れてしまいますと、新しい出会いを遠ざけてしまいます。もし出会った人とうまくいかなかったときは、「今回出会った人は自分が本来出会うべき人ではなかったから縁がなかっただけ」と考えてみてください。そう考えるようにすると、自分が傷つくことなく新しい出会いに期待が持てるようになります。

婚活がうまくいかないときはどうすればいいの?

婚活がうまくいかないと、このまま一生自分には結婚相手と縁がないのではないかと不安になってしまいますね。
では、婚活がうまくいかないときはどんなことをしたらよいのでしょうか。婚活がうまくいかないという状況に陥るのは男性にも女性にもあり得ることです。しかし、その対処法は男女で少し異なります。婚活がうまくいかない男性、女性それぞれがやるべきことをあげてみましょう。

婚活がうまくいかない男性がやるべきこととは

婚活がうまくいかない男性がまずやるべきことは、自分をチェックすることです。なかなかうまくいかないと感じたときは、全身を鏡に映して客観的に自分を観察してみましょう。

「清潔そうに見えますか?」
「表情は明るいですか?」
「彼女が一緒に歩きたいと思ってもらえる服装ですか?」

鏡の中の自分が自分でイケてないと感じたのであれば、相手の女性も同じように思っているということです。
次に、「なぜ婚活をしているのか」、「なぜ結婚したいと思っているのか」について、一度じっくり考えてみましょう。もし、「周りの人がみんな結婚しているから」「親から言われたから」「社会的信用が上がるから」という理由だけだったとしたら、それはあなたの意思ではなく周りの意見に合わせて結婚したいと思い込んでいるだけだという可能性があります。本気で結婚をしたいと思っていない人の婚活はうまくいきません。自分が本当に結婚したいと思ったときに、婚活を始めましょう。

婚活がうまくいかない女性がやるべきこととは

婚活がうまくいかない女性がまずやるべきことは、「条件」だけでお相手を判断するのをやめることです。あなたが結婚相手に求める条件が多ければ多いほど、あなたの条件に合わない人が増えてしまうことになり、条件に合う人と出会う確率がどんどん下がってしまいます。
婚活がうまくいく女性が重視していることは、「自分と気が合うか」ということです。「年収」や「ルックス」などの条件を気にしていなければ、「この人と気が合いそう」と思うだけで、交際に発展する可能性があるのです。
結婚相手に求める条件を一切持ってはいけないかということではありません。ですが、条件はいったんおいておき、あなたとフィーリングが合う人かどうかで相手のことを見るようにしてみましょう。どんなに収入やルックスがよくても、気が合わなければ一緒にいても疲れてしまいます。あなたが一緒にいて楽しいと思えた人の出会いを大切にしてみてください。

婚活がうまくいかなくて疲れたら

結婚相談所に登録すれば何の心配なく結婚ができると思っていたのに、何度会っても進展しない…。街コンに参加しても、意中の人は別の人のところに行ってしまう…。そんなことばかり繰り返しているうちに婚活に疲れてしまったという人も多いです。そんなときは、自分の直感を信じてみましょう。
ビビット婚という言葉を聞いたことがありますか?「ビビット婚」とは、初めて会ったときに交際する前から「きっと、この人と結婚する」と感じて結婚に至ることをいうのですが、実はこの直感というのはなかなかあなどれないものなのです。
例えば、「理由はわからないけどこの場所に行きたいと思った」「今まではまったく参加したことがなかったのに、同級会の通知が妙に気になった」など、ふと頭に何かが思い浮かんだときは、あれこれ考えずに直感に従って行動してみてください。あなたのその行動が、結婚につながる可能性があります。

アラフォーの婚活はうまくいかない?

「アラフォーになると婚活が難しくなる」、「1歳でも若い方のほうが婚活には有利」そんな言葉を聞くことも多いのではないでしょうか。実際に結婚相談所に登録をしても、担当者から「年齢がお若い方を好まれている方が多いので…」という言葉を聞いてショックを受けた人も少なくないかと思います。統計上で考えると結婚相談所の方の言葉は嘘ではないでしょう。ですが、アラフォーの人が婚活に絶対成功しないかといえばそんなことはありません。
アラフォーの人が婚活を成功させる鍵は、自分で自分の可能性を否定しないことです。例えば、「私はアラフォーだから結婚するのは難しい」と考えている人と、「アラフォーになった今の私が、人生の中で一番魅力がある。だから、今、出会えた人と結婚したい」と考える人がいたとします。あなたは、どちらの人が早く結婚できると思いますか?この場合、間違いなく後者の人の方が早くいい出会いがあるでしょう。
「もうアラフォーだから」という思い込みは捨てて、「アラフォーだからこそ今の魅力的な自分がある」と信じて婚活してみませんか。

婚活がうまくいかない、疲れたという人必見!婚活がうまくいく対策とは

婚活がうまくいかないと悩んでいたり、疲れてしまったりしたときにできる対策をご紹介します。全部ではなくてもかまいませんので、自分でできることや自分に合ったものを試してみてください。

婚活がうまくいく対策①積極的に行動する

結婚相談所やマッチングサイト、街コンなどで婚活をしている場合、今までよりも少しだけ積極的に行動してみましょう。婚活がうまくいかないと、行動が消極的になってしまうことがあります。ですが、少し勇気を出して積極的な行動を意識すると、今までよりも一歩進んだ展開になる可能性があります。

婚活がうまくいく対策②人が多く集まる場所は積極的に参加する

人の多く集まる場所に、積極的に参加してみましょう。気晴らしのつもりで出かけるだけでOKです。たくさんの出会いがあれば、その中に運命の人がいる可能性も高くなります。

婚活がうまくいく対策③婚活の手段に執着しない

婚活の手段に執着することをやめてみましょう。例えば、結婚相談所やマッチングサイトに登録したら、登録したところを利用することに意識が集中してしまっている人も多いのではないでしょうか。婚活がうまくいかずなかなか出会いがないときは、別の方法を試してみるとあっさりうまくいく可能性もあります。

婚活がうまくいく対策④好きなことを十分に楽しむ生活をする

婚活がうまくいかないときは、いったん婚活を休憩して好きなことを十分に楽しむ生活をするのもおすすめです。
自分が好きなことに打ち込んでいるときは、婚活がうまくいかないというネガティブな感情から解放されますし、好きなことをしているときは自分自身もいきいきすることができます。自分の気持ちが楽しくなれば表情も明るくなりますので、周りの人から見てもより魅力的に見えるようになります。その結果、今の自分を楽しむことが結婚につながるかもしれません。

最後に

婚活がうまくいかない日が続いてしまいますと、自分に自信をなくしてしまいますし、焦りを感じるようになってしまいます。婚活がうまくいかないときは、ちょっとだけ力を抜いてみましょう。「追えば逃げる、逃げれば追われる」という言葉もあります。「のんびり自分に合う相手が見つかればいいか」くらいの気持ちでいた方が、あっさり結婚できる日が近いかもしれません。

婚活がうまくいかないとき、婚活のやり方を変えてみるのも有効な方法です。Web結婚相談所「スマリッジ」は、Webで完結できる新しいサービスの結婚相談所です。Web完結型なので、結婚相談所に行かなくても、身元のしっかりとした本気で結婚したいと考えるお相手の出会いの機会を得られます。忙しい現代人にはぴったりの婚活方法ではないでしょうか。新しい婚活方法のひとつとして、ぜひご検討ください。


SCROLL