結婚相手に求める条件は顔?年収?職業?結婚相手の決め手とは

結婚相手に求める条件は、ついつい厳しくなりがち。顔や職業、年収など、条件をあげればきりがありませんよね。ですが結婚相手に多くを求めすぎてしまうと、婚活がうまくいかない可能性が高いです。結婚は自分の一生、そして相手の一生まで左右する大切なこと。結婚相手に対して慎重になってしまうのは仕方ありませんが、結婚相手の選び方は減点方式ではなく加点方式がおすすめです。また、自分にとって結婚相手選びの決め手となるものは、実は婚活をしなければ見えてこないものかもしれません。今回は、結婚相手に求める条件、決め手について考えていきましょう。

結婚相手に求めるものは?男女に共通する結婚相手の条件

顔や職業、年収など、結婚相手に求める条件は人それぞれ。でも、これから婚活を始めようとされている方にお話を伺うと、男女問わず、結婚相手に求める条件には共通点があるのです。まずは、多くの人が結婚相手に求めるもの、男女に共通する結婚相手の条件についてお話します。

結婚相手に求めるもの・条件①価値観

多くの男女が結婚相手の条件として「価値観が合う人」をあげられます。確かに結婚相手となる人が自分と価値観が合う人であれば、これから先の長い結婚生活において、価値観の違いによって夫婦喧嘩をすることもなく、円満な家庭を築くことができるかもしれません。結婚とは生活を共にするということ。お付き合いをしているときよりも2人で過ごす時間がずっと長くなりますので、価値観が合う人と結婚したいと考える男女は多いのです。

結婚相手に求めるもの・条件②食べ物や味の好み

結婚すると、毎日一緒に食卓を囲むことになります。意外だと思われるかもしれませんが、結婚相手に求める条件として、食べ物や味の好みをあげられる方はとても多いです。例えば、自分は辛い物が好きで甘いものが苦手なのに、結婚相手は甘いものが好きで辛い物が一切ダメという人だったら…。お付き合いしているときは、味の好みが正反対であることに対してお互いに新鮮さを感じられて食事も楽しいかもしれません。ですが、それが毎日の生活となるとまた違ってくるのです。食べ物や味の好み、毎日の食卓でのちょっとしたストレスが蓄積されて、夫婦のすれ違いの原因になってしまうかもしれません。

結婚相手に求めるもの・条件③金銭感覚

結婚における現実的な問題として、お金に関する条件をあげられる方も男女問わず多いです。ですが、多くの方が気にされるのは年収よりも先に、お金の使い方などの金銭感覚。一緒に生活をする上では、金銭感覚が合う人と結婚する方が過ごしやすいだろうと考えるのです。結婚生活とは、お互いのことを好きという気持ちだけあればうまくいくというものではありません。経済面の安定を得るためには、お互いに「ギャンブル好き」「浪費癖」などがないことを確認し合っておきましょう。

結婚相手に求めるもの・条件④年収

ワーキングマザーが増え、共働き家庭が一般的になった現代の日本ですが、それでもやはり、婚活において年収が低い男性はあまり歓迎されません。また、絶対に働きたくない、専業主婦になりたいという女性も、敬遠されてしまう傾向があります。お互いに稼いで、自立し合った関係でいたいと考える男女が増えてきているのです。結婚相手には年収を正直に伝え、いざという時に備えられるのが理想的なのかもしれません。

結婚相手に求めるもの・条件⑤家事の分担ができるかどうか

共働き家庭が増え、年収の面でも自立し合った関係が理想的とされる現代。協力して家事を分担し合える男性が結婚相手として理想的と考える女性が増えています。さらに昔と違って、家事をまったくしない、家事をやりたくないという男性は減ってきている傾向があります。また、昔は女性が子育てをするのが当たり前という考えが一般的でしたが、現代では、夫婦そろって子育てに取り組むのが当たり前。家事も子育ても、分担して協力し合える人と結婚したいと考える男女が増えているのです。

結婚相手の選び方、決め手にならない条件なら妥協すべき

婚活において、結婚相手の選び方を考えると、ついつい条件を厳しくしてしまいがちですよね。結婚相手に求めるものとして、一般的にはよくあげられる条件であっても、実際に結婚してみたら「あんまり関係なかったな…」と感じることもあるのです。結婚相手選びの決め手にならない条件なら、思い切って妥協するのもありです。ここでは、結婚相手の選び方で妥協すべき条件をあげていきます。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件①学歴

結婚相手に求める条件として、男性の場合は「結婚相手となる女性の学歴は自分より高すぎない方が良い」、女性の場合は「結婚相手は高学歴な男性が良い」など、結婚相手に求める条件として、相手の学歴にこだわりがある方は少なくありません。
ですが、学歴はその人の人となりを表す参考にはなっても、その人自身の価値を決定づけるものではありません。例えば専門学校卒の男性でも手に職があり、同世代男性の平均年収よりも稼いでいるという男性も多くいらっしゃいますし、高学歴のインテリ女性でも、家事もこなして子煩悩という方も多いでしょう。学歴よりも、変化していく世の中で、いかに時代に柔軟に乗って世の中を渡り歩けるかの方が重要とされる現代、学歴が結婚相手を選ぶ決め手というわけではないのなら、妥協しても良い条件と言えるでしょう。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件②年齢

婚活において、年上の方が良い、年下の方が良いなど、結婚相手を年齢だけで判断してしまうのは危険です。男性は年下の女性を求めがちで、女性は年上の男性を求めがちですが、必ずしもそれが自分に合うとは限りませんよね。たとえ年下の男性でも、とてもしっかりしていて頼りがいがあるということもあります。年齢は結婚相手を選ぶときの判断基準にはなりますが、絶対条件として考えない方が良いでしょう。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件③年収や職業

特に女性はお相手の年収にこだわった婚活をしがちです。結婚相手を選ぶとき、年収や職業などの経済力はとても重要なポイントでありながら、それだけを決め手と考えるのはおすすめできません。なぜなら、今現在どんなにいい会社に務めていても、それが定年までずっと続くとは限りませんし、終身雇用してもらえるとも限りませんよね。会社が倒産したり、怪我や病気などで働けなくなるリスクも無いわけではないのです。大切なのは、どんなときでも夫婦で助け合えるかどうかです。実際に結婚生活を始めてみたら、年収がどれくらいあるかよりも、家事や育児を分担して行えるかどうかの方が重要だと分かった、そうおっしゃる女性は多いです。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件④顔や身長などの見た目

結婚相手の条件として、プロフィールをチェックする段階で、顔や身長などの見た目にこだわる方は多くいらっしゃいます。ですが、婚活に成功した方に結婚相手の決め手を聞くと、結局実際に選んだ結婚相手は、顔や身長などの見た目よりも中身で選んだと答える方の方が多いです。今まで顔がタイプの異性とのお付き合いばかりしてきたという方も「結局派手なタイプではなく地味なタイプと結婚した、でも性格がとても合うので今は幸せ」とお話されていました。結婚において、顔や身長などの見た目は、妥協しても問題ない条件と考えて良いでしょう。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件⑤相手の住んでいる場所

「結婚したら実家の近くに住みたいと思っていたが、実際は遠くになってしまった」ということは、男女問わず珍しくないようです。自分の実家ではなく、結婚相手の実家近くに住むことになったとしても、後悔しなかったという方は少なくありません。「地元から離れたくないので県内の人と結婚しようと思っていたけれど、好きになった人が県外だったので、地元を離れることにした」「結婚相手の都合で田舎に引っ越さなければいけなくなった。友達もいないし、慣れない田舎に住むのは心細かったけれど、結婚相手の性格などに不満はなかったし、相手の家族とも気が合うので後悔はない」と言うようなご意見も多いです。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件⑥お互いの生活力

今や男女問わず、家事や育児などの生活力が求められる現代。ですが、実際に結婚生活を送るにあたっては、お互いにある程度妥協することが求められているようです。掃除、片付けが得意でなかったり、料理が出来なかったり、「性格的なところは合っているし、相手に対して妥協するところはお互いあるので、ある程度は我慢している」というご夫婦は少なくないようですよ。

結婚相手の選び方で妥協すべき条件⑦お互いの自由になるお金

経済的な面において、お互いに自由になるお金が少なくなるのが結婚です。たとえお互いにそれなりの年収があったとしても、独身時代とは違う現実に慣れるには少し時間がかかるもの。結婚したら経済的な自由がなくなるという点は、ある程度、妥協した方が良さそうです。将来のための貯金や年収とのバランスを考えて、お互いのお金の使い方、ファッションや趣味などに使える金額については、結婚前に2人で話し合い、お互いに妥協し合うことが必要です。

理想の結婚相手かどうかを見極める方法は減点方式?加点方式?

結婚相手を選ぶとき、ついつい相手に対して減点方式で考えてしまいがちですが、本当に理想的な結婚相手を見つけたいなら、減点方式よりも加点方式がおすすめです。ここからは、結婚相手の選び方として参考にして頂きたい考え方についてご紹介します。

結婚相手の見極め方、減点方式はなぜダメなの?

婚活で結婚相手を探すときについついやってしまうのが、減点方式で相手を見極めてしまうこと。自分の理想とする結婚相手の条件を洗い出してから婚活をする方が多いので、どうしても減点方式になってしまいがちなのですが、「年収が足りていないなあ」「職業がいまいち」「顔がちょっと好みじゃないなあ」などと、足りていない部分を中心に考えてしまうので、理想像を100点としてダメな部分を見つけるたびに減点してしまうのです。
理想的な結婚相手の条件を明確にすることは間違いではありませんが、減点方式で考えるとどうしても相手の悪い部分にばかり目がいってしまいます。よほど理想に合った異性が現れない限り、結婚相手として魅力的には見えなくなってしまうのです。さらに婚活では、相手のダメな部分を探してしまうことで、面接官に面接されているような印象を相手に与えてしまい、距離が縮まりません。

結婚相手の見極めは加点方式がおすすめ!

婚活では、減点方式ではなく、加点方式で相手を見極めるのがおすすめです。加点方式で考えることができるようになることで、「こんな魅力があるんだ」「この性格が好きだな」「この考え方は自分にはなかったな」と、良い部分を中心に相手を見極めることができるようになるでしょう。相手の良い部分に目がいくようになると、口から出てくる言葉も優しくなります。婚活では自然と相手の良いところを褒めることができるので、相手にも好感を与えやすくなり、距離も縮まりやすいのです。

結婚相手を加点方式で見極めるやり方、どうすれば良いの?

結婚相手を見極めるとき、減点方式は相手のあら探しになってしまいますが、加点方式は相手の長所を探すことから始まります。「この考え方が好きだな」「今日の服装は素敵だな」など、小さな「好き」を積み上げていってみましょう。
相手の小さな長所を努力して見つけていくことで、相手に素直に好感が持て、自然と優しい態度に変わります。婚活や恋愛だけでなく、他人といい関係を築くために良い影響を与えるのが、加点方式なのです。

結婚相手を見極めるとき、なぜ減点方式になってしまう?

結婚相手を見極めるとき、どうしても減点方式になってしまうという人は、相手に対する最初の期待値が高すぎるという傾向があります。そのため、相手に少しでもダメな点があると大きく減点してしまい、幻滅してしまうのです。まず大切なのは、相手に過剰な期待をしないこと。フラットな態度で相手に向き合いましょう。それを心掛けることで、減点方式から加点方式で人を見る練習になります。

結婚相手の見極め方、減点方式の人は心配性タイプ!?

結婚相手を見極めるときに減点方式になってしまうというのは、最初からリスクを回避しようとしてしまう心配性タイプの人に多い傾向があります。「年収が少ないから結婚相手にはできない」など、現実的な条件を考えて相手を婚活の対象から外すというのは、間違ったことではありませんが、自ら結婚のチャンスを手放しているということ。運命の相手を逃がさないためには、最初からリスクを考えて心配するのではなく、間口を広げ、相手の人間性を見て見極めるようにすると良いでしょう。

理想の結婚相手と出会えた!条件ぴったりの相手との結婚にもデメリットはある?

一般的に、婚活を始めるときは、結婚相手に求める理想の条件を設定します。結婚相手に求めるものは人それぞれ違って当然です。理想とする結婚相手の条件にぴったり当てはまる人に出会えるというのは、とてもラッキーなこと。ですが理想の条件ぴったりの相手との結婚にもデメリットはあります。
顔も年収も職業も、性格も食べ物の好みも全部自分の理想通り。これほど理想の条件に合う人は他にいない、運命の相手に違いない!と勢いで結婚してしまうと、結婚そのものがゴールになってしまう危険性も。結婚生活では、その“特別”が“当たり前”になってしまう可能性があるということを忘れてはいけません。また、結婚してから相手の思わぬ部分や欠点、自分とは相容れない部分を見つけるという可能性もあり、理想の相手だと思っていただけに特にダメージが大きくなってしまうといったケースもあるのです。

最後に

婚活において結婚相手を選ぶとき、結婚に対して真剣になればなるほど、加点方式ではなく減点方式で相手を評価しがちです。婚活をしている方に多い共通のお悩みは、好きだから許せることと、小さな事が許せなくなってしまうこととの板挟みになることです。それは、婚活で出会った相手との距離感、関係がまだ浅く、お付き合いが短いからです。「相手の良いところを探しましょう」とは良く言いますが、婚活をしていると、それは言葉でいうほど簡単ではないのが事実。ですが実際、相手の良いところが見えない人ほど、相手からお断りされることが多いのも事実です。そして断られる痛みを知っている人ほど、相手の良い部分が見えてくるということも。実はこういった方の方が、婚活に成功する実例が多いのも事実です。婚活を通して、自分自身の考え方や、結婚相手の選び方、異性の見極め方が変化したとおっしゃる方も多いです。つまり、失敗を恐れずに婚活に踏み込んでみることが、成婚への第一歩となるのです。

結婚相手に求めるものや条件は、実際に婚活をしてみないと見えてこないものもあるでしょう。相手との出会い方によっても、結婚相手への条件の見極め方は変わってくるかもしれません。婚活をお考えなら、まず結婚相談所「スマリッジ」にぜひご登録ください。理想に近い結婚相手を探すことからまず初めてみましょう。


SCROLL