マッチングアプリでデートの約束をしたのに当日ドタキャン

マッチングアプリでドタキャンする理由と対処法を解説

マッチングアプリでデートの約束をしたら、当日を待つのみです。

わくわくしながら当日まで過ごす方も多いはず。

そんな時、当日にドタキャンとなってしまえばショックが大きいかもしれません。

しかし、ドタキャンする理由がお相手にもあるのです。

ここでは、ドタキャンの理由から対処法を詳しくご紹介します。

ドタキャン後にお相手から連絡がないケースについてもまとめました。

また、ドタキャンを防ぐ方法から、ドタキャンされにくいマッチングアプリと参考になる情報も大公開。

自分自身がドタキャンしたい時は、誠実に対応することを忘れず、気持ちよくマッチングアプリを利用して下さい。

マッチングアプリのデートをドタキャンする理由

マッチングアプリでは、お互いに「いいね」を押し合えばマッチング成立となります。

その後、やりとりを行いデートの約束をするのが大きな流れです。

約束までたどり着けば、当日を迎えるだけ。

しかし、その当日に「ドタキャン」をされることもあるものです。

ドタキャンをされた側はショックが大きいかもしれません。

しかし、さまざまな理由があるのです。

  • 体調不良
  • 優先度の問題
  • 面倒くさくなった
  • イメージと異なっていた
  • 熱が冷めてしまった
  • SNSを見て印象が悪くなった

などをきっかけに、ドタキャンをする方もいます。

「ドタキャンされた=脈なし」の場合もありますが、そうでない場合もありますので、理由を確認することは大切です。

ここでは、マッチングアプリのデートをドタキャンする理由を詳細に確認していきます。

風邪などの体調不良

ドタキャンする理由の1つ目が「風邪などの体調不良」です。

日頃から体調管理をしっかり行っている方でも「常に健康だ」というわけではありません。

デート当日になって体調不良を起こす事もあるものです。

誰にでも体調不良はありますから、「仕方のない事」ともいえるのです。

デートを楽しみにしている方はとても残念に思ってしまいますが、感情をそのままお相手に伝えるのは厳禁。

大切なのは「体調を気遣う事」です。

「お大事にして下さいね」「また体調が落ち着いたら、一緒に出かけましょう」など改めて約束をするよう心掛けて下さい。

残業や急な用事が入ってしまった

ドタキャンする理由の2つ目が「残業や急な用事が入ってしまった」というケースです。

社会人であれば、デート当日に急な会議や残業・出張などが入る事もあります。

仕事量をコントロールできる場合もありますが、いつ起こるか分からない要素もあるため、こうした理由であれば諦めるようにして下さい。

また、お悔やみ事などの用事に関しても同様です。

「体調に気を付けて下さい。また落ち着いたら会いましょう」など、お相手を気遣うメッセージを送り、改めて約束をするのが理想的。

優先度の高い人と予定がかぶった

ドタキャンする理由の3つ目が「優先度の高い人と予定がかぶった」というものです。

マッチングアプリ内で、複数名の異性と同時進行でやりとりをしている方は多くいます。

また、男女問わず「獲り合い」の世界がマッチングアプリです。

優先度の高い人と予定がかぶれば、その人とのデートに出掛けるもの。

「もし自分自身ならどうするのか」を考えてみると分かりやすいかもしれません。

残念ではありますが、気になるお相手であれば、自分自身が最優先になるよう、メッセージのやり取りで気を引くのがおすすめです。

面倒くさくなった

ドタキャンする理由の4つ目が「面倒くさくなった」です。

なぜデートの約束をしたのに面倒くさくなるのかと疑問に感じる方もいるはず。

考えられる要素は以下の通りです。

  • アプローチがしつこかった
  • お相手が出会いに対して真剣ではなかった
  • お相手が興味を持つデートプランではなかった

などが考えられます。

もし、お相手の返信がひとことだったり、デートの話をした時に乗り気ではないと感じたら、会う約束をしない方が良いと考えて下さい。

思ってたイメージと違った

5つ目となる「思ってたイメージと違った」のも、ドタキャンする理由です。

意外と多いケースが、待ち合わせ場所まで足を運んだにもかかわらず、写真と実物が違い過ぎたため、顔を合わせずに帰ったというもの。

マッチングアプリでは、お相手の容姿を写真で判断します。

会うかどうかの目安の1つともいえるのが写真です。

実物とあまりにもかけ離れていると、ドタキャンにつながりがち。

マッチングアプリで使用する写真は、過度な加工などを避け、実物とかけ離れていないものを選んで下さい。

また、デート当日は、自分自身の身だしなみにも配慮をしましょう。

やり取りをするうちに会いたくなくなった

6つ目の理由が「やり取りをしているうちに会いたくなくなった」というケースです。

マッチング成立後、その時のテンションやノリでデートの約束をしてしまったものの、その後やりとりをするうちに、価値観が合わずに会いたくなくなる事も珍しくありません。

真剣な出会いを求めている方ほど、価値観を大切にします。

メッセージのやり取りで、お互いの価値観をじゅうぶんに確認してからデートの約束をする事が大切です。

SNSを見て印象が悪くなった

7つ目の理由が「SNSを見て印象が悪くなった」というもの。

マッチングアプリでやり取りをしているのに、なぜSNSが関係するのだろうと思う方もいるかもしれません。

プロフィールの名前やLINEなどの名前からSNSを特定できる場合もあります。

そして、覗いた時に受けた印象が悪くドタキャンをされてしまうのです。

印象の悪さにつながる理由は「ギャップ」。

マッチングアプリ内でのやり取りと、SNSに投稿されている内容があまりにかけ離れていると悪い印象につながりやすいのです。

当日のデートでバックレやドタキャンされたときの対処法

当日のデートでバックレやドタキャンをされると「もう縁がないのでは」と感じる方も多いはず。

確かに、当日に断られたり待ち合わせ場所に来ないともなると、そのように思っても不思議はありません。

しかし、理由によってはまだ「脈あり」の可能性も高いのです。

もし、お相手が誠実な方であったり、真剣度が高ければ、アプローチがある場合もあります。

この時「すぐにメッセージが来ない」と焦るのは厳禁。

また、ドタキャン後に連絡が取れる場合は、脈ありかどうかを試してみるのもおすすめです。

ここでは、当日のデートでバックレやドタキャンされたときの対処法を4つご紹介します。

お相手に対して気持ちがある方はぜひとも対処法を実践して下さい。

当日は諦め、相手の反応をみる

バックレやドタキャンをされた当日はまず諦めて下さい。

お相手が来なかった・キャンセルされた現実を受け止める事が大切です。

もし、やむを得ない理由があってのバックレやドタキャンであれば、お相手から必ず連絡があるはず。

その時、リスケの提案があるでしょう。

感情的にならず、会えなくて残念だったという気持ちを伝えるだけにし、しばらくはお相手からのアプローチを待つのがおすすめです。

アプローチが無い場合、期間を決めて見切りをつけるのが良いでしょう。

時間をおいて、またデートに誘ってみる

もし、自分自身がバックレやドタキャンをしたらと考えてみて下さい。

お相手に申し訳ない気持ちになると分かります。

すぐに連絡を入れる勇気が出ない場合もあるものです。

少し時間をおいて、改めてお相手を誘うのがおすすめ。

もし、お相手に「会いたい」という気持ちがあれば、お誘いに乗ってくれるはずです。

万が一、返信がなかったり、既読が付かない場合は、残念ですが諦めた方が良いでしょう。

見切りをつけて、また新しい出会いを探すのが良い方法です。

気持ちを切り替えて、別の人を探す

気持ちを切り替えて、別の人を探すのも対処法の1つです。

マッチングアプリにはたくさんの会員がいます。

会う約束をしたお相手ですから、「この人が良い」と思ったはず。

しかし、1人に固執する必要はありません。

また、お相手探しをする事で、もっと自分自身に合う人に巡り合うかもしれないのです。

バックレやドタキャン直後は傷ついたような気持ちになるものですが、マッチングアプリの世界では珍しい事ではありません。

少しずつでも良いので、次の出会いに前向きになって下さい。

アプリの運営に通報する

アプリの運営に通報をするのも対処法です。

やむを得ない理由や初めてのバックレやドタキャンであれば様子を見たりメッセージを送るのも良い方法です。

しかし、何回も同じ事が続いている場合、アプリの規約違反に該当するかもしれません。

利用中のマッチングアプリの規約を確認し、違反内容に「ドタキャン」が含まれている場合は通報機能を使いましょう。

一言で言えば「お相手は悪質ユーザーだった」という可能性が高いのです。

通報機能は、誰が通報をしたかは分からないシステムとなっています。

お相手に仕返しなどをされる事もありませんので、安心して下さい。

ドタキャン後にブロックや連絡がない場合はどうするべき?

デート当日のドタキャン。

会いたかったお相手ほど、そのショックが大きいかもしれません。

しかし、やむを得ない理由の場合は、次に期待をする事も可能です。

この事から、諦めない方が良いとされていますが、ドタキャン後にブロックや連絡がないケースであれば話が変わります。

  • デート当日に連絡もなくドタキャンされた
  • ドタキャン後、一切の連絡がない
  • マッチングアプリ内でブロックされていた

という事も実際にあるのです。

中でも「悪質」と呼べるのが、ドタキャン後にブロックをする人。

ここでは、ドタキャン後にブロックや連絡がない場合はどうするべきかをまとめていきます。

もし、悩んでいる方は参考にして下さい。

ドタキャン後にブロックされている

ドタキャンをした側からすれば、申し訳ない気持ちがあるものです。

ですから、すぐに連絡がこない場合もあります。

しばらく連絡を待っていたにもかかわらず、メッセージがなければお相手のプロフィールを確認してみて下さい。

もし、確認できないのであればブロックされていると考えられます。

ブロックされていると分かれば、腹立たしい気持ちになりますし、悲しくもなるでしょう。

この場合、お相手の誠意がなく、残念ではありますが「縁がなかった」と諦め、次の出会いを探すのが良い方法です。

仕返ししてやりたい!と思ったとき

連絡も一切ないままドタキャンをされてしまうと「仕返しをしてやりたい」と思うかもしれません。

時間や期待を裏切られたと言っても過言ではありませんので、こうした気持ちを抱く事もあるはず。

しかし、その気持ちを行動にうつすことは厳禁です。

仕返しに費やす時間があれば、誠実でより自分自身に合ったお相手を探すのがおすすめ。

また、仕返しをする事によって、お相手から通報されるリスクもあります。

イライラして過ごすよりも、気持ちを切り替え新しい一歩を踏み出して下さい。

マッチングアプリでデートのドタキャンを防ぐ方法は?

マッチングアプリはお相手があってこそ。

アプリ内にはさまざまなユーザーがいますから、デートの約束をしてもドタキャンされるケースも少なくありません。

とはいえ「こういうものだ」とドタキャンされるたびに考えるのではなく、ドタキャンされる確率を下げるように意識をして下さい。

ドタキャンは、事前のやり取りで確率を下げることが可能です。

ここでは、マッチングアプリでデートのドタキャンを防ぐ方法を5つご紹介します。

ドタキャンされにくくするやり取りのコツから、見抜く傾向などをまとめていきますので、参考にして下さい。

デート当日までに「できる事」を実践すれば、より良い出会いにつながりやすくなるはずです。

相手との信頼関係を作っておく

「相手との信頼関係を作っておく」のが方法の1つです。

マッチングアプリのやり取りの中で「この人と会ってみたい」という気持ちを強く持ってもらう事がポイント。

以下、ポイントについてご紹介します。

  • こまめに連絡を取る

1日1回はメッセージのやり取りを行うのが理想的。

また、返信も早い方が信頼関係を築きやすくなります。

  • お相手を楽しませる意識を持つ

ネガティブな話題を避け、お相手が楽しいと感じてもらえるよう心掛けて下さい。

  • 質問ばかりではなく、自分自身の情報も伝える

お相手の情報ばかりを聞こうとせず、自分自身の情報も伝えることが大切です。

メッセージのやり取りだけでも、お相手との信頼関係はしっかりと築けます。

1つ1つのやり取りを大切にするようにして下さい。

デートまでの期間を空けず、一緒に計画する

「デートまでの期間を空けず、一緒に計画をする」のも大切です。

お互いにいいねを押し合えばマッチングが成立します。

その後、メッセージのやり取りがスタートするのですが、ここから「2週間前後」を目安にデートの約束をして下さい。

早めに会う事をおすすめする理由は以下の通りです。

  • お相手の熱が冷めるのを防ぐ
  • 他のユーザーを優先させたりする可能性を避ける
  • メッセージのやり取りで満足させないため

など、デートにつなげるためにも大切なポイントとなります。

また、初デートプランは、一方的に決めるのは厳禁。

意見交換をして、一緒にプランを立てる事によって、お相手も「デート当日が楽しみ」と思ってくれるはず。

ドタキャン率が下がるので、ぜひ一緒に考えて下さい。

前日は電話やビデオ電話でやり取りしてみる

「前日は電話やビデオ電話でやり取りをしてみる」のもおすすめの方法です。

マッチングアプリでのコミュニケーションの基本がメッセージ機能です。

しかし、アプリの中には通話機能・ビデオ通話機能が用意されているものもあります。

これらを活用し、お相手とより近いコミュニケーションを意識して下さい。

  • 待ち合わせ場所や時間の確認
  • 明日楽しみだねなどの会話
  • デートプランについて一緒に話をする

などをする事で、ドタキャン率が下がります。

また、声や表情などをしっかり認識できるため、心理的な距離も近くなるのです。

声や表情を事前に確認できれば、お相手もより安心してくれます。

LINEの交換をしておく

「LINEの交換をしておく」のもおすすめ。

マッチングアプリ内の機能として電話・ビデオ電話があれば、積極的に利用をして下さい。

また、この他にLINEを交換しておくのも良い方法です。

デートの前にLINEを交換する事にはたくさんのメリットがあります。

以下、メリットについてご紹介します。

  • 当日の待ち合わせに便利
  • より親密なコミュニケーションが取れる
  • 心理的な距離感が近くなりやすい

など、ドタキャン率を下げる事につながるのです。

マッチングアプリの中には「事前にLINE交換はしたくない」と言うユーザーもいます。

もし、お相手が交換をしてくれる場合は、一定の信用をされている証です。

嫌がるお相手に対して無理矢理交換する必要はありませんが、申し出てみて前向きな対応をしてくれるようでしたら、ぜひ取り入れて下さい。

期待しすぎない、ドタキャンしそうな人は避ける

「期待しすぎない、ドタキャンしそうな人は避ける」のも方法の1つです。

たくさんのユーザーがいるマッチングアプリの中で出会いデートの約束までたどり着いたとなれば、期待をしてしまうものです。

それは、当然の気持ちと言っても過言ではありません。

しかし、過度な期待は厳禁です。

期待を大きく持つほどに、万が一ドタキャンをされた時の傷は深くなってしまいます。

また、ドタキャンしそうなお相手を避けるのもポイント。

ドタキャンする人には一定の傾向があるのです。

以下、傾向についてご紹介します。

  • プロフィールに優柔不断や気分屋と書かれている
  • こっちだけが質問するようなやり取りが続いている
  • メッセージの返信が遅い
  • メッセージが一言で帰ってくる事が多く、愛想がない

などの場合、ドタキャンされる可能性が高いのです。

マッチングアプリで約束したデートをドタキャンしたい場合

マッチングアプリで約束をしたデートをドタキャン「される側」ばかりとは限りません。

自分自身が「する側」になる可能性もあるものです。

デートの当日に体調が悪くなってしまったり、仕事などの急用で、お相手にドタキャンを申し出る事も考えられます。

「する側」になって考えてみると、申し訳ない気持ちにもなりますし、どのように伝えれば良いのかと悩んでしまいます。

100%お相手を不快にさせない事は難しいですが、誠実に対応をする事で、次のデートにつなげる事もできるのです。

ここでは、マッチングアプリで約束したデートをドタキャンしたい場合の伝え方を3つご紹介します。

「ドタキャンの予定はない」と考えている方でも、万が一のために覚えておくと便利です。

会う気がなくなった場合は、諦めてもらう理由にする

「会う気が無くなった場合は、諦めてもらう理由にする」のが伝え方の1つです。

中には、マッチングアプリ内の出来事だし、そのままフェードアウトすれば良いと考える方もいるでしょう。

しかし、急な音信不通は、お相手から恨みを買う事になるかもしれません。

アプリ内の機能の1つ「ブロック機能」を使用する点においても同様です。

とはいえ、会う気が無くなったとストレートに伝える事はおすすめできません。

大切なのはお相手に「チャンスがない」と思ってもらうよう意識をする事です。

以下では、伝えやすい理由をご紹介します。

  • 彼氏、彼女ができた
  • 親が体調を崩し、介護が必要となってしまった
  • 仕事が忙しく、いつ時間が空くか全く予定が立たない

など、お相手を傷つけない理由がおすすめです。

相手に「次がある」ことを伝える

「相手の次があることを伝える」のもポイント。

これは、本当に急用が入ったり、体調を崩したりなど「やむを得ない理由」があってドタキャンをする場合に伝える方法です。

当日であっても、会えないと判断したら早めに連絡を入れることが大切。

この時、「体調が悪いから」「急用が入ったから」だけではなく、申し訳ない気持ちもメッセージに込めるようにして下さい。

また、自分自身からリスケの提案をするのも必須。

もし、当日に伝えられない場合には後日でも構いません。

  • 会いたい気持ちがある事
  • 関係について真剣に考えている事
  • 誠実に接したいという気持ち

などが伝わるように意識をするのがコツ。

お相手が応えてくれる確率は100%ではありませんが、誠心誠意の対応を心掛けて下さい。

音信不通やばっくれは絶対ダメ!

「音信不通やばっくれは絶対にダメ」と心得ておきましょう。

  • ドタキャンをした手前、連絡が取りにくい
  • 会いたくないからやり取りをしたくない
  • 対応方法が分からないからそのままにする

などは厳禁です。

連絡なしにドタキャンやアプリ内のブロック機能を使ってしまうと、お相手から恨みを買う可能性があります。

仕返しをされるケースも実際にあるのです。

また、そればかりではなくお相手が「悪質だ」と判断すれば、アプリ運営に通報をします。

すると、強制退会やその他ペナルティを課せられる事もあるのです。

新しい出会いを探す事も出来なくなってしまいますし、大きなトラブルに進展するかもしれません。

くれぐれも、音信不通のままにしたり、ばっくれでのドタキャンは絶対にやめて下さい。

ドタキャンされにくいおすすめのマッチングアプリ

ドタキャン率を下げる対策方法はあります。

また、仮にドタキャンをされても理由によっては、次のデートにつなげる事も可能です。

しかし中には「何度もドタキャンをされている」という方もいるかもしれません。

アプリの機能を活用したり、自分自身でドタキャン対策を実践していても、アプリのユーザー層には違いがあるのです。

真剣な出会いを求めている方が多いと言われるマッチングアプリ。

とはいえ、現在使用しているアプリは「遊び目的での登録」をしているユーザーが多い事が原因になっている可能性も考えられます。

そんな時は、利用しているマッチングアプリを見直してみるのも1つの方法です。

ここでは、ドタキャンされにくい・ドタキャンに厳しいマッチングアプリを2つご紹介します。

Dine

メッセージ不要のマッチングアプリ

DINE(ダイン)
無料登録・アプリダウンロード[R18]

毎月15,000人がデートをしているという高い出会い率を誇るのが「Dine」です。

「今日会いたい」という場合にも出会いやすいマッチングアプリであるDine。

デートプランを計画する場合も、日程調整やお店の予約をすべてDineが代行してくれます。

異性経験が少ない方や忙しい方にもピッタリです。

また、悪質ユーザーを徹底排除しているのもおすすめポイント。

24時間365日にわたり、常にアカウントを監視しています。

危険だと判断されたアカウントは強制退会にしてくれるため、ドタキャンリスクが少なくなるのです。

さらに「オンラインデート機能」も用意。

ビデオ電話のような機能と考えると分かりやすいかもしれません。

実際に会う前にオンラインデートをすることで、より関係を深める事もできますし、本当に安心できるお相手なのかが判断しやすくなります。

これもまた、ドタキャン率を下げることにつながるのです。

メッセージ不要のマッチングアプリ

DINE(ダイン)
無料登録・アプリダウンロード[R18]

バチェラーデート

探さずに出会えるパーソナライズA.I.恋活・婚活

バチェラーデート
無料登録・アプリダウンロード[R18]

「バチェラーデート」もおすすめマッチングアプリの1つです。

大きな特徴に「デート保証」があります。

これは、週に1回のデートをバチェラーデート運営が保証してくれるシステム。

メッセージやデートプランを考える必要性が無く、スムーズな出会いにつながりやすいマッチングアプリなのです。

「デートまでたどり着く自信がない」という方にもピッタリ。

また、バチェラーデートでは厳しい管理体制が用意されています。

悪質ユーザーに対して即日退会処分を行う事もあるため、ばっくれやドタキャン率が低いのです。

さらには、キャンセル料金が発生するのもドタキャン率が低い秘訣。

デート前提でマッチングをした後、キャンセルをした場合「申し出た側」はキャンセル料金を支払う必要があります。

ですから、マッチングをしたのに会えなかったというケースがほとんどありません。

探さずに出会えるパーソナライズA.I.恋活・婚活

バチェラーデート
無料登録・アプリダウンロード[R18]

マッチングアプリのデートでドタキャンされたときのまとめ

マッチングアプリのデートでドタキャンをされる事は珍しくはありません。

ドタキャンをする理由もさまざま。

やむを得ない事情でドタキャンされるケースもあります。

そんな時は、次につなげる対策を取り入れて下さい。

一方、お相手からドタキャンされた後、連絡がなかったりブロックされた場合は「仕返ししてやりたい」とも思うでしょう。

しかし、仕返しをする時間を次の出会いに使って下さい。

行動する事によって、自分自身が悪質ユーザーとなってしまい、マッチングアプリを強制退会させられるかもしれません。

そして大切なのは「ドタキャンされないよう心掛ける事」です。

デートまでにお相手との信頼関係を作っておく事や、共にデートプランを計画するとドタキャンされにくくなります。

また、電話やビデオ電話を活用すると、心理的な距離も近くなるのでおすすめです。

それでもなおドタキャンされてしまう場合は、アプリそのものを見直すのが良い方法。

今では、ドタキャンされにくいシステムが導入されているものもありますので、取り入れてみて下さい。