はじめる婚活 まじめな出逢い「スマリッジ」

スマリッジ_婚活_おかげさまで2周年
今だけ!月会費0円

結婚に向き不向きはある?結婚に向いていないと感じる人の特徴

スマリッジ_婚活_結婚に向き不向きはある?結婚に向いていないと感じる人の特徴を解説

仲が良い友人や会社の同僚が結婚していく姿を目の当たりにしても、結婚することに対して前向きになれず、「自分は結婚に向いていないのではないか」と不安に感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、結婚に向き不向きはあるのか結婚に向いていないと感じる人の特徴や向いていないと感じたときの対処法についてご紹介します。

スマリッジ_婚活_結婚に向き不向きはある?結婚に向いていないと感じる人の特徴を解説

結婚に向いていない人なんているの?

自らの意思で結婚をせずに人生を送るのは、何も間違ったことではありません。
しかし、本当は結婚したいと思っているのにも関わらず、「自分は結婚に向いていないから」という理由で結婚しないのは勿体ないことです。自分の本音に蓋をして「結婚には向いていない」と自分に言い聞かせてみても、モヤモヤした気持ちは自然と溜まっていってしまうものではないでしょうか。
どんな人でも、「生まれながらにして結婚に向いていない」なんてことはありません。なんとなく結婚に前向きになれないときは、きっと最適なタイミングではないのでしょう。

結婚に向いていないと感じる人

なぜ、自分のことを「結婚に向いていない」と感じる人が多いのでしょうか。
続いては、結婚に向いていないと感じる人の特徴をいくつか紹介していきます。

スマリッジ_婚活_結婚に向いていないと感じる人を解説

結婚に向いていないと感じる人①一人の時間が好き

大人数で過ごすよりも、一人での時間が好きという人は、男女ともに珍しくありません。
結婚した夫婦は、単身赴任などのケースを除けば、同居することが前提とされています。そのため、一人の時間が好きな人は、「結婚したら一人の時間が無くなってしまう」と不安に感じることが多いようです。

結婚に向いていないと感じる人②恋愛関係が長続きしない

過去の恋人との恋愛関係が長続きしなかったことで、「自分は結婚に向いていない」と感じる人も少なくありません。別れた理由が相手に起因するものだったとしても、「恋人と長続きしなかった」という事実だけで自信を失ってしまう方もいらっしゃいます。

結婚に向いていないと感じる人③浪費癖がある

毎月のお給料をその月のうちに全て使い果たしてしまうなど、浪費癖がある人の場合も「自分は結婚に向いていない」と感じるケースが多いようです。
結婚すれば、夫婦の財産は2人で管理していく必要があります。そのため、「自分のお金は好きに使いたい」「趣味にお金を全てつぎ込みたい」という人は、結婚に前向きになるのは難しいかもしれません。

結婚に向いていないと感じる人④家庭環境の影響

「両親が喧嘩ばかりしていて、結婚に良いイメージがない」など、育った家庭環境の影響で結婚に前向きになれない人もいるようです。両親と自分は別の人間であり、親が離婚しているからという理由で結婚に向いていないなんてことはありません。「この人とだったら幸せな家庭を築けそうだ」と心から思えるお相手に出会うことができれば、結婚に踏み切ることができるのではないでしょうか。

結婚に向いていないと感じたときの対処法

続いては、さまざまな理由で結婚に向いていないと感じたときの対処法について、いくつかご紹介します。

スマリッジ_婚活_結婚に向いていないと感じたときの対処法を解説

結婚に向いていないと感じたときの対処法①一人の時間が好きな人の対処法

一人の時間が大切で、結婚に前向きになれないという人は、まず一人の時間を思いきり楽しんでみましょう。
例えば、既に婚活中でありながら、一人の時間が恋しくて結婚に前向きになることができない場合には、婚活をお休みしてみるのも一つの方法です。婚活から離れて仕事や趣味に集中できる時間を設けることで、再度結婚に対して前向きになれるタイミングが訪れる可能性もあるでしょう。
結婚の適齢期は人それぞれです。焦って結婚して後悔するよりも、自分のペースで人生を歩むことが大切ではないでしょうか。

結婚に向いていないと感じたときの対処法②恋愛関係が長続きしなかったことを気にしている人の対処法

過去に恋人との関係が長続きしたことがないという人でも、結婚に対してネガティブに捉える必要はりません。
人と人には相性があるため、お相手との相性によって長続きしたりしなかったりは変わってきます。過去に恋人との関係が長続きしたことがないという場合も、たまたま過去の恋愛が長続きしなかっただけと考えてみてはいかがでしょうか。
過去の恋愛に引きずられず、新たな気持ちで恋愛をスタートさせることを意識しましょう。

結婚に向いていないと感じたときの対処法③浪費癖がある人の対処法

男女共に、浪費癖がある人はお相手から敬遠されがちです。恋人としては良くても、結婚相手には選びたくないと考えている異性は多いでしょう。
どうしてもお金をかけたい趣味がある場合は、その他の部分を節約して、少しでも貯金することを意識してみましょう。金銭的な余裕が生まれれば、結婚に前向きになることができるかもしれません。また、同一の趣味を持っているお相手であれば、趣味への浪費をある程度許容してくれる可能性もあるでしょう。

結婚に向いていないと感じたときの対処法④家庭環境の影響を心配している人の対処法

両親の口喧嘩を目の当たりにして育ってきた人や、シングルマザー(シングルファザー)の家庭で育ってきた人の中には、結婚に対して良いイメージを抱きにくい人も多くいます。
結婚したいというお相手を見つけてからも、「夫婦関係が良好なまま続くとは限らないから」と結婚に踏み切れない人もいるでしょう。
しかし、世の中には幸せな結婚を続けている夫婦もたくさん居ます。夫婦仲の良い友人や知人が周りに居るという場合は、その夫婦と接する機会を増やすことで、気持ちを切り替えることができるかもしれません。

結婚に向いていないと感じたときの対処法⑤結婚相談所を利用する

結婚はしたいけど前向きになれない、結婚相手が見つからないという人は、結婚相談所を利用してみるのもおすすめです。
結婚に対する価値観やスタイルは、人によってそれぞれ異なります。普通恋愛の場合、お互いの結婚に対する価値観を共有する機会はなかなか少ないかもしれません。しかし、結婚相談所であれば、最初から結婚を前提としてお付き合いが始まるため、結婚後の生活についてお相手と話し合うことができます。
また、「一人の時間が好き」など自分では結婚に向いていないと感じていた部分もお相手にとっては求めている条件かもしれません。

  • 一人の時間が大切で、結婚に前向きになれないという人は、まず一人の時間を思いきり楽しむ
  • 一人の時間が恋しくて結婚に前向きになることができない場合には、婚活をお休みしてみる
  • 同一の趣味を持っているお相手であれば、趣味への浪費をある程度許容してくれる可能性もある
  • 夫婦仲の良い友人や知人が周りに居るという場合は、その夫婦と接する機会を増やすことで、気持ちを切り替えることができる
  • 結婚相談所を利用すれば、最初から結婚を前提としてお付き合いが始まるため、結婚後の生活についてお相手と話し合うことができ

どんな人でも「結婚に向いていない」なんてことはありません。
自分が結婚に向いていないと感じる人は、結婚相談所を利用して婚活を始めてみてはいかがでしょうか。
結婚相談所スマリッジは、入会から成婚まで全てオンライン上で完結できる新しいタイプの婚活支援サービスを行っています。結婚に向いていない、結婚は諦めたという方が「やっぱり結婚したい」と思ったときでも始めやすいようリーズナブルな価格で本当に必要な婚活支援だけを提供しています。
また、オンライン完結型でありながら資格を有したプロの専任アドバイザーが婚活をしっかりとサポートさせていただきます。婚活中に「やっぱり結婚には向いていないかも」というお悩みが生じた場合にも、お電話やメールで気軽に相談が可能です。
さまざまな理由で「結婚に向いていないかもしれない」と感じることはあるかもしれません。しかし、結婚は向き不向きではなく、結婚したいかどうか、ご自身のお気持ちが大切です。
結婚したいお気持ちのある方は、ご自身の意思を尊重して、スマリッジで婚活をスタートさせてみませんか。

\ スマリッジアドバイザーがお役立ち情報を発信 /